スポンサーリンク

ケフェウスステークス2020予想や買い目・過去データ傾向・このメンバーなら安定の極み

ケフェウスステークス2020予想や買い目・過去データ傾向を紹介します。

ケフェウスステークス過去10年の結果データ傾向から厳選した(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・種牡馬)を分析した中から最終予想として印を紹介します。

ケフェウスステークス2020枠順

ケフェウスステークス2020予想

骨っぽいメンバーというか、個人的にはニヤニヤしてくる好メンバーに見えていますので、予想にも一層力が入りますね(笑)

内枠~中枠に逃げ先行馬が揃い、テンの入りが速いとは思いますが、そこまでのペースにはならず、ミドルペースまでを想定。

過去データ的には、逃げ馬がまったく馬券になっていないクラス。本来なら逃げ馬も好走出来るコースバイアスですが、先行~差しが有利なコースで、芝2000mでも相当タフなコース形体となっていますので、最後まで押し切る競馬が出来にくいゆえの結果かなと。

そうなれば、やはり先行~差しが狙い目となり、4枠~8枠の外め中団から競馬出来そうな馬を本命にしながら馬券を組み立てています。

◎本命・複勝

トリコロールブルー

休養明け初戦の前走関越ステークスは、単勝2番人気で3着に好走。タイム1:45.9は上々の時計で、やはりワンターンだと安定した結果を出してくるなといった感じです。

今回、コーナーを4回通過しますが、これまで左回りは[2-2-1-1]と得意としており、中京コースは新馬戦以来になりますが、その新馬戦では、芝2000mを単勝2番人気で1着と走れているコース。

もともと、直線の長いコースが得意で、スローペース~ミドルペースを想定している今回は、やはり直線の長い中京コースは○。

少し間隔が開いた1戦となりますが、このメンバーでOP特別なら、前走以上も期待出来る1頭だと思います。

◎トリコロールブルー
○ヒンドゥタイムズ
▲ノーブルマーズ
△ワイプティアーズ
△ラストドラフト
×ポポカテペトル
×ハナズレジェンド

馬連◎○=▲△△××10点

ケフェウスステークス2020過去データ傾向分析

アンドロメダ、福島民報杯の過去10年を参考にしています。

単勝人気データ

単勝7番人気以内までに勝ち星があり、混戦模様の結果も、単勝1番人気[3-4-6-1]と3着内率92.9%ですから、紐荒れ傾向の強いレースとなっています。

ただし、単勝12番人気以下は[0-0-0-38]と苦戦していますので、このあたりは注意したいところです。

単勝オッズデータ

単勝2.9倍以内[1-3-5-0]で3着内率100%。単勝4.9倍以内まで広げても[7-1-6-3]と好走していますので、軸馬候補。

全体的には、単勝49.9倍以内まで好走しており、広めの予想が必要かなと思います。

それでも単勝50倍以上は[0-0-0-56]と苦戦していますので、過度な人気薄狙いは厳しい結果となっています。

枠順データ

2枠[0-0-3-20]と極端に苦戦しており、これは2通りのレースからの結果ですので、強いデータかなと。

全体的には、3枠から8枠が好走しており、外め有利のコースバイアスです。

脚質データ

逃げ馬[0-0-0-15]と苦戦。先行馬、差し馬が好走しており中心の存在。

上がり3F勝負になりやすく、上がり3F2位以内が好走しています。

斤量データ

斤量52キロ以下[0-0-0-20]と苦戦。

斤量53キロ~56キロまでが好走しており中心の存在です。

馬体重データ

騎手データ

福永、岩田康、ルメール騎手あたりまでが好走。松若、幸、高倉、酒井、和田騎手あたりは苦戦。

調教師データ

池江泰、松田博、矢作厩舎が好走。また単回収率も170%を越えており、出走馬がいれば注目したいところです。

生産者データ

前走着順データ

前走2着以内が好走していますが、全体的には、単勝6番人気以下の人気薄も好走していますので、巻き返しも可能なレース結果となっています。

前走クラスデータ

前走同クラス組が好走しており、その中でもG2、G3組が中心の結果。

昇級初戦組も馬券にはなっていますが、やはり前走重賞組が好走しています。

前走レースデータ

[common_content id=”11583″] [common_content id=”14780″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました