キングカメハメハが死亡したのは種付けのやりすぎでその因果関係は?年間種付け頭数を調査

ディープインパクトに続いて、キングカメハメハも死亡と、競馬ファンにとっては辛い悲しい出来事が続いています。

ディープインパクトにしろ、キングカメハメハにしろ、死亡原因が「種付け頭数の多さに因果関係があるのでは?」とネットでは話題に。

この記事では、キングカメハメハ死亡!種付け過度などの因果関係は?年間種付け数や代表産駒などを紹介していきます。

日本ダービー馬キングカメハメハが死す

 

免疫機能の低下で今年に入ってから体調を崩しやすくなっていた。9日から熱が上がり始め容態が急変し、そのまま息を引き取ったということです。

キングカメハメハを生産したノーザンファーム代表で、社台コーポーレーションの代表取締役を務める吉田勝己氏が明かした。

吉田氏は「今日の朝5時ごろだったと聞いています。もともと体調が悪かったのでね。よく頑張ったなという感じです。ここ5年は体調が良かったり、悪かったりでしたから。白内障で目も見えていなかったし、人間でいう糖尿病みたいなものだったのかな」と悼んだ。

引用先:日刊スポーツ

意外と知られていないのが、2019年7月にキングカメハメハの種付けが引退していたということ。

引退理由としては、

社台スタリオンステーションの徳武英介氏は「11年からさまざまな疾病があり、途中種付けを休んだりしていたが、近年は免疫機能が低下し、感染症や熱発することが増えていた。今後はうちで余生を静かに送らせたいと思います」と話した。

競走馬時代から身体の弱かったキングカメハメハでしたが、種付けをおこなうようになっても、体調がおもわしくなく、2011年からは、身体の弱さがさらに悪化していたということです。

それでも、2018年は、一日1頭に制限し約100頭に種付け

受胎能力が優れていることから1回の種付けでの受胎馬が多かったといいます。

2019年は60頭近い産駒が誕生したとみられますが、この種付けが行き過ぎた種付け頭数だったという話しもネットでは出てきていますので、その因果関係も調べていたいと思います。

キングカメハメハの年間種付け頭数は?

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 Private
2018年 122頭 1200万円(Private) 2位
2017年 132頭 96頭 1000万円(Private) 2位
2016年 151頭 72頭 1000万円(Private) 2位
2015年 108頭 112頭 800万円(Private) 2位
2014年 143頭 50頭 800万円(Private) 2位
2013年 81頭 184頭 700万円(前納、不受胎時全額返還) 2位
2012年 251頭 195頭 600万円(前納、不受胎時全額返還) 2位
2011年 266頭 211頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 1位
2010年 266頭 114頭 400万円(前納、不受胎時全額返還) 1位
2009年 145頭 160頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 8位
2008年 202頭 166頭 500万円(前納、不受胎時全額返還) 44位
2007年 216頭 186頭 600万円(前納、不受胎時全額返還)
2006年 256頭 191頭 600万円(前納、不受胎時全額返還)
2005年 244頭 600万円(前納、不受胎時全額返還)

引用先:ほどよい競馬

サイアーランキングはディープインパクトに次いで2位の実績。

完全に大種牡馬ですね。

18歳になった時点でも種付け料が値上げしていますので、このあたりは、ラストクロップになる予定のものか、それとも、体調面を考慮しての種付け頭数ストップを狙ったものかわかりませんが、それにしても凄い頭数です。

キングカメハメハが死亡したのは種付け頭数の多さ?その因果関係は?

ディープインパクトが死亡してから、種付け頭数が多い理由で死亡したのでは?という話しが話題になっていましたが、キングカメハメハが死亡したことにより、さらに話題は激化。

実際にその因果関係があるのかどうか調べてみましたが、結局は、そこまでの理由は見当たらないなかったですね。

ディープインパクトの種付け頭数が、

年度 種付け
頭数
産駒数 種付け料(条件) サイアー
ランキング
2019年 4000万円(Private)
2018年 197頭 4000万円(Private) 1位
2017年 241頭 162頭 3000万円(Private) 1位
2016年 243頭 157頭 3000万円(Private) 1位
2015年 261頭 176頭 2500万円(Private) 1位
2014年 255頭 181頭 2000万円(Private) 1位
2013年 262頭 159頭 1500万円(前納、不受胎時全額返還) 1位
2012年 246頭 151頭 1000万円(前納、不受胎時全額返還) 1位
2011年 229頭 140頭 1000万円(前納、不受胎時全額返還) 2位
2010年 219頭 118頭 900万円(前納、不受胎時全額返還) 35位
2009年 171頭 161頭 1000万円(前納、不受胎時全額返還)
2008年 232頭 152頭 1200万円(前納、不受胎時全額返還)
2007年 215頭 1200万円(前納、不受胎時全額返還)

引用先:ほどよい競馬

見て頂くとわかりますが、種付け料が4000万は破格すぎる値段ですが、頭数ですね。キングカメハメハとあまり変わらない頭数で毎年きています。

ですので、同じ年代で死亡したことを考えれば、因果関係は無かったとは言い難いですね。

関屋記念2019結果予想まとめ!スローペースなら狙い目十分!先行馬ソーグリッタリング
関屋記念2019の予想を中心に各馬の評価を紹介します。新潟1600mは、外枠が有利で、過去10年の結果を見てもそれは明白。特に7枠の数字が[5-0-2]と3着内率29.2%とダントツの数字を誇っています。今年も7枠を中心とした馬が来るのかどうか?ミッキーグローリー、サラキア、ケイデンスコール、ソーグリッタリング、ロシュフォールなどの上位人気馬の評価を紹介しながら、最終的な予想を紹介していきます。
エルムステークス2019グリムの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
札幌競馬伝統のダート1700m重賞エルムステークス。今年のエルムステークス2019は、グリムを中心としたレースになりそうですが、追い切りや血統背景はどうなのか?グリムの過去データは、エルムステークス2019で走れる過去データになっているのか?など、このあたりを中心に紹介していきます。まあ、強いですけどね。グリムは

ネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました