関屋記念2019結果予想まとめ!スローペースなら狙い目十分!先行馬ソーグリッタリング

関屋記念2019の予想を中心に各馬の評価を紹介します。

新潟1600mは、外枠が有利で、過去10年の結果を見てもそれは明白。特に7枠の数字が[5-0-2]と3着内率29.2%とダントツの数字を誇っています。

今年も7枠を中心とした馬が来るのかどうか?

ミッキーグローリー、サラキア、ケイデンスコール、ソーグリッタリング、ロシュフォールなどの上位人気馬の評価を紹介しながら、最終的な予想を紹介していきます。

関屋記念2019結果予想スローペースなら

逃げ馬不在の中、この枠に入ったなら逃げるだろうなと思えるのがサラキア。

丸山騎手なら行きそうな雰囲気はありますので、行くだけ行って、ガクンっとスローペースに落として競馬をしそうですね。

そうなると、そこそこ前にいる馬が有利になってくる展開が予想されるので、狙うなら先行馬、4角7番手以内を通過出来そうな馬。

本命

ソーグリッタリング3着

このメンバーの脚質なら、3枠は良い枠順に入るかなと。

単純に上がり勝負になるなら、前走のような先行しながら、後方から脚を伸ばしてくる馬との上がり差が1秒以内なら、この馬が最先着かなと。

最終追いきりが⇒栗東:CW:良(54.3/39.9/12.9)馬なり

と、手綱を絞っての馬なりでしたから、状態もよく、折り合いに専念出来た調教だったように見えます。

今回ほど、先行しながら弾けて馬券になりやすい。そんなレースになると思います。

さらに詳しいソーグリッタリングの情報は以下の記事にまとえてあります↓

関屋記念2019ソーグリッタリングの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
サラキア同様に重賞未勝利のソーグリッタリング。前走同様に浜名騎手が騎乗で、陣営のやる気や勝負気配も気になるところです。ただ、このあたりは、予想をする側にはなかなか見極めが難しいですから、やはり、追い切りや血統・過去データからこの馬の関屋記念2019で好走が出来るかどうか?の結果を予想していきたいと思います。

対抗

ロシュフォール9着

スローペースなら、この馬も侮れないかなと。

前走から叩いた上澄みが大きく見える調教内容が新潟:芝:良(66.2/51.0/36.8/11.4)と馬なりで併せ馬を抜かせない走り。

滞在競馬が功を奏する形なら、スローペースで上がり勝負が合うここは、あっさりと勝ってもおかしくないかなと。

ただ、枠順がもう少し外目が欲しかったのと、前走から斤量増の分で対抗に。

さらに詳しいロシュフォールの情報は以下の記事にまとめてあります↓

関屋記念2019ロシュフォールの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
得意の新潟競馬に滞在競馬。最近、調子の良い田辺騎手と材料が揃ったように見えるロシュフォール。そこで、関屋記念2019に出走するロシュフォールの結果がどうなるのか?追い切りや血統・過去データから予想をし、その評価を紹介していきます!個人的には、田辺騎手とは、まーったく、相性が合わないんで、あれなんですけどねw

単穴

ミッキーグローリー1着

予想上位人気馬の中で一番良い枠に入ったように見えるミッキーグローリー。

天栄帰りが気になるところですが、調教自体は、美浦:坂路:良(51.4/37.0/24.5/12.5)の調教。これをどう見るかで予想の軸になるのか?連下になるのかですが、やはり長期休養明けの走りとして考えれば、良いほうに見えます。

ミッキーグローリー自身、右回りのほうが良さそうな走りに見えますので、長期休養明けに左回りがどうか?

このあたりで単穴の評価に。

さらに詳しいミッキーグローリーの情報は以下の記事にまとめてあります↓

関屋記念2019ミッキーグローリーの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
骨折長期休養明けを関屋記念に選んだミッキーグローリー。天栄仕上げの状態も気になりますが、まずは、関屋記念2019に出走する、ミッキーグローリーの追い切りや血統・過去データからの予想を中心に、その評価を紹介していきます。なんとなく、ルメールのテンション高めのコメントが気になりますけどね。

ケイデンスコール14着

まあ、違う意味の穴というか、この枠で石橋騎手はどういった乗り方をするのかなと。

スタート次第といっても、容易く前に付けれる馬でもないので、この枠順なら10番手以下を追走するかなと。

そうなると、内を差す以外、届かずの掲示板があると思いますし、内を楽に捌けるかなと。逆に大外に振っていたら間に合わないかなと思います。

この馬自体、新潟は得意ですし、まず、だらしない走りはないと思いますが、今回は枠順と展開の読みからして、4着までが精一杯と見ています。

騎手が上手く乗れば穴でという意味の穴扱いですね。

その他、ケイデンスコールの詳しい情報はこちらの記事にまとめてあります↓

関屋記念2019ケイデンスコールは本命?追い切りや血統・過去データからの評価は?
関屋記念2019に出走予定のケイデンスコール。前走NHKマイルカップでは、単勝14番人気の低評価を覆す走りで2着。そのポテンシャルの高さを示しました。放牧を挟んでの初戦は夏の関屋記念2019から始動ということで、追い切りや血統、過去データか関屋記念2019での好走はあるのかどうか?本命になるのかどうか?このあたりが気になりますよね。そこで、この記事では、関屋記念2019ケイデンスコールは本命?追い切りや血統・過去データからの評価は?と題して、紹介していきます。

危険な人気馬

サラキア5着

前走は丸山騎手の絶妙な逃げで、エプソムCを2着と好走。

今回も逃げには絶好枠の3枠と、ここでも十分に狙い目になってきますが、今回ばかりは荷が重いかなと。

というのも、今回は目標にされる分、そこまで楽に逃げれるとは考えにくく、牡馬に目標にされるのは、そうとう厳しいかなと。

調教自体は最後、気合をつけて11.9秒。

キレはありますのでここでもという色気もありそうですが、やはり、ここは目標馬で差し抜かれていくのが目に見えてるかなと。

ここは、見送りで。

さらに詳しいサラキアの情報は以下の記事にまとめてあります↓

関屋記念2019サラキアの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?
前走は、これまでの主戦だった池添騎手から丸山騎手へ乗り替わり。さらには初の逃げでエプソムCを2着と覚醒を見せたサラキア。このあたりを含め、関屋記念2019サラキアの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?と題して紹介していきます。

関屋記念2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

関屋記念2019過去10年データ傾向

  1. 父サンデー系×母父ノーザンダンサー系が有利
  2. 連系なら単勝7番人気までが有力
  3. 7枠8枠が有利
  4. 脚質はほぼ横一線も穴なら逃げ、先行馬
  5. 前走上がり3Fが不発だった馬が狙い目
  6. 前走上がり3位以内は優秀も1着は無し
  7. 前走より斤量が増加馬は不振
  8. 前走重賞で特に左回り組みが優秀
  9. 4歳人気上位馬が優秀
  10. 馬体重480キロ以上

特に重要なデータは赤太文字で記載

 

過去10年の結果から

データ傾向をまとめた感じでは、

前走1600m以上組みが有利。

 

その中でも、左回り重賞組みが活躍しており、

ここに4歳上位人気馬が絡むと鉄板級の軸馬。

 

また、前走から斤量増だった馬が不振で

このあたりもロジックの軸にしたいところ。

 

予想の入り方としては、

1、7、8、9のデータを中心に

3の枠順を取り入れるのがベストかなと。

 

最終的に数頭の軸や紐馬がいて、

切る判断材料が欲しい場合は、

馬体重480キロ以下を切るのもありですね。

関屋記念2019の展開やペースは?

過去10年のペースはハイペースが無く、スローペースからミドルペースが主流。

スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長く、位置取り争いがそこまで激化しないのが要因。

また、強力な逃げ馬が不在のレースはスローペースに落ち着きやすく、関屋記念2019は、スローペースになるかなと予測しています。

出走メンバー全体の脚質が好位~差し脚質で構成されており、単純に上がり勝負になりやすいかなと。

そうなると、外枠が有利になるのはもちろんですが、それ以前に、前で競馬をしている馬を交わしながら抜け出せる位置取りが重要。

外枠が一番、不利を受けにくい分、距離損や、位置取りが後方すぎる可能性もあるので、基本は脚質の並びを重視しながら、予測を立てたいですね。

有利に見える枠順=3枠6枠7枠8枠

タイトルとURLをコピーしました