スポンサーリンク

エルムステークス2019グリムの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?

この記事は約4分で読めます。

札幌競馬伝統のダート1700m重賞エルムステークス。

今年のエルムステークス2019は、グリムを中心としたレースになりそうですが、追い切りや血統背景はどうなのか?グリムの過去データは、エルムステークス2019で走れる過去データになっているのか?など、

このあたりを中心に紹介していきます。

まあ、強いですけどね。グリムは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エルムステークス2019結果予想!グリムの評価は?

エルムステークスの一番のポイントは、スローペースになりにくい点

小回りコースで、最初の直線が長いため、逃げ先行さえ取れれば何とかなりやすいコースということが、各陣営はわかっていますので、先行争いは激化しやすいです。

まずは、この点からグリムの予想をしていくと、今回のメンバー構成は逃げ、、先行馬が揃ったこと。これがこの枠順なら少々痛いかなと。

先行策を取るにしても、スタートから脚を使うはめになりますので、余計なスタミナが奪われる点。さらに、中団から競馬を進めたとしても、先団が体勢を作り終えた時点で、ほぼ3コーナー手前になっている可能性が高く、

ここからマクル以外は、絶望的な位置取りになっていそうかなと。

どれだけハイペースになっても、4角4番手以内が強いエルムステークスですから、今回のこの枠順は、かなりの痛手は間違いないと思います。

これが、状態の良い時の調教であれば、この程度のコースバイアスは、簡単にクリアしてしまう器ですが、今回は調教がイマイチに見えたので、この評価ですね。

グリムはあくまで紐扱いまで。

関屋記念2019結果予想まとめ!スローペースなら狙い目十分!先行馬ソーグリッタリング
関屋記念2019の予想を中心に各馬の評価を紹介します。新潟1600mは、外枠が有利で、過去10年の結果を見てもそれは明白。特に7枠の数字が[5-0-2]と3着内率29.2%とダントツの数字を誇っています。今年も7枠を中心とした馬が来るのかどうか?ミッキーグローリー、サラキア、ケイデンスコール、ソーグリッタリング、ロシュフォールなどの上位人気馬の評価を紹介しながら、最終的な予想を紹介していきます。
スポンサーリンク

エルムステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

予想オッズでは、グリムが断然の1番人気ですね~。

こういうのがサクッと連を外すと、グイッと配当が上がるんですが、そうも簡単にいかないのがダート1700mでしょうか。

ただ、今回は外枠に調教がイマイチなので、頭は意外と危ないかもしれませんよ。

エルムステークス2019過去10年のデータ傾向

  1. 先行馬が断然有利
  2. 1枠~5枠が有利
  3. 3着以内の軸馬は、3番人気以内から
  4. 前走4角5番手以内が有利
  5. 4歳5歳が有利
  6. 栗東所属馬+栗東所属騎手の継続がかなり有利
  7. 前走単勝1番人気は優秀
  8. 前走4着以内が優秀

札幌コースが逃げ、先行馬が有利なコースバイアスになっているので、必然とデータも逃げ先行馬が有利になってきますね。

また、4歳5歳が優秀。ただ、6歳でもG2以上で実績があれば、馬券圏内。

1、5、6、7が予想の中心になってくるデータで、特に6は鉄板級ですね。

スポンサーリンク

エルムステークス2019に出走するグリムの追い切りは?

函W 71.5-55.5-40.5-13.0 単走で馬なり

けっこうな緩さの調教というか、走りですね。

前走が休養明けでビッシリと追っているとは言え、さすがにこの内容は気になります。

グリムの良い時の単走馬なりは12秒台が通例ですから、調教だけをみると、今回は軸にはしたくないデキですね。

エルムステークス2019に出走するグリムの血統背景は?

生年月日:2015年04月28日(牡4歳)
毛色:芦毛
調教師:野中 賢二(栗東)
馬主:株式会社カナヤマホールディングス
生産者/産地服部:牧場/新ひだか町
中央獲得賞金:8695万1000円
通算成績:13戦7勝[7-2-2-2] 主な勝鞍:19’マーキュリーカップ
兄弟馬:ヴァイサーリッター、コパノカーネル
系統:サンデーサイレンス系

引用先:競馬ラボ

芝1600m~2000mあたりで活躍馬を出している、グリムの父ゼンノロブロイ。ダート馬も比較的に走る産駒を輩出しており、サンデーサイレンス系の中では、トップクラス。

サンデーサイレンス系ということもあり、それがダートであっても、切れ味を有する馬が多いのも特徴のひとつです。

母ブランシュネールは、1200mのスプリントをメインに5勝。父サクラユタカオーの血を存分に引いた結果のものなのは周知の通り。

ゼンノロブロイとサクラユタカオーが混ざると、グリムんのようなダート中距離路線まで活躍出来る馬が出来るという実例でしょうね。

また、サクラユタカオーの最高傑作であるサクラバクシンオーが札幌コースでは無類の強さを見せていましたので、グリムも十分に通用していい血筋だと思います。

さらにゼンノロブロイの札幌1700mダートコースは、連対率23%を越えており、初の札幌コースでも期待が持てる血筋なのは言うまでもないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
結果予想
【競馬単複】MOSTLY CORRECT
タイトルとURLをコピーしました