各馬評価

北九州記念2019アンヴァルの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?

北九州記念2019に出走予定のアンヴァルの追い切り調教や血統・過去データ、また予想オッズや北九州記念の過去データから予想をし、その評価なども紹介していきます。

前走バーデンバーデンCは1着カラクレナイと、同タイムの2着。

やはりOPクラスは走ってくるなと言う印象が強いアンヴァルですが、重賞になるとイマイチの成績が続いています。

また、北九州記念2019の斤量が54キロ。

これは見込まれた感が半端なく、ファンタジストと同斤量ですから、このあたりは、厳しい材料になってきそうです。

北九州記念2019予想!アンヴァルの評価は?

予想

アンヴァルの北九州記念2019は軸馬紐馬候補

その理由は?

長期休養明けだったバーデンバーデンCをカラクレナイのタイム差無しの2着。

重馬場だったことを考えても、良く伸びていましたし、勢いはアンヴァルが上でした。

今期は、昨年とまったく違ったローテーションで、ゆとりを持って望めているのがプラスになっているのかなと。

調教内容も抜群で好タイムを連発。

斤量54キロで出走出来るのも心強いですが、少し見込まれしたね^^;

ただ、血統背景も抜群で、小倉コース、良馬場なら、昨年以上の着順は楽勝であるかなといった評価です。

母アルーリングボイスの2017年北九州記念2着よりも着順を上げて欲しいですね^^

[insert page=’anken1′ display=’content’]

北九州記念2019に出走予定のアンヴァルの過去レースデータは?

  1. 中4週[0-0-0-0]
  2. 1000m~1300m[4-2-1-5]
  3. 7月~9月[1-1-1-2]
  4. 53.5kg~55kg[3-2-1-3]
  5. 先行[3-2-0-2]
  6. 差し[1-0-0-4]

新馬戦から1200mを中心に3歳重賞のみ1400m1600mに出走するも、惨敗。やはりスプリンター色が強かったようです。

その後、1200m戦で[1-2-4]の成績。負けても勝ち馬からコンマ9秒以内にまとめており、着順以上に悲観する内容ではないと思います。

小倉は[1-0-1-1]と相性も良く、1分6秒台を出していますので、重賞でも相手なりに走れる力は持っています。

夏場から秋にかけて本調子になるタイプ。

今期は、昨年とはまったく違ったローテーションできており、前走が長期休養明けの初戦で2着。

今年は、ある程度の余裕を持っての参戦ですから、昨年の北九州記念10着よりも着順は上げてくる可能性は高いと見ています。

北九州記念2019に出走予定のアンヴァルの追い切りは?

栗東:坂路:良 49、7)36、3)12、2)単走一杯に追う

好時計を連発しています。

昨年のこの時期とは別物のような調教内容。

これは絶好調かなと見ています。かなり良いですね。

北九州記念2019に出走予定のアンヴァルの血統背景は?

生年月日2015年01月28日 (牝4歳)
毛色鹿毛
調教師藤岡 健一(栗東)
馬主有限会社 社台レースホース
生産者/産地(有)社台コーポレーション白老ファーム/白老町
中央獲得賞金9267万8000円
通算成績14戦4勝[4-2-1-7] 主な勝鞍18’夕刊フジ杯オパールS
兄弟馬オールザゴー,アーマークラッド
系統Mr. Prospector系

母アルーリングボイスは、小倉2歳S、北九州記念2着など、小倉競馬平坦コース巧者として、覚えている方もいるでしょうね。

とにかく快速娘で、小倉は本当によく走っていました。

この母に父ロードカナロアですから、スプリンターに疑いは無いですよね。

良馬場でスムーズに競馬が出来れば、アンヴァルは小倉で快速娘の称号を継いでもおかしくない存在です。

北九州記念2019予想オッズ

1ディアンドル3.0
2モズスーパーフレア3.4
3ファンタジスト4.4
4アレスバローズ7.3
5ミラアイトーン12.6
6カラクレナイ13.9
7エイシンデネブ25.7
8ダイメイプリンセス28.8
9アンヴァル29.7
10ラブカンプー35.6
11ディープダイバー45.5
12メイソンジュニア98.5
13クインズサリナ112.1
14ラインスピリット142.3
15イエローマリンバ165.0
16シャドウノエル169.3
17キングハート190.9
18エントリーチケット199.4
19ナインテイルズ224.2
20メイショウケイメイ247.1
21タマモブリリアン259.8
22ラインシュナイダー865.9

北九州記念2019斤量

アレスバローズ57.5
アンヴァル54.0
イエローマリンバ53.0
エイシンデネブ52.0
エントリーチケット54.0
カラクレナイ55.0
キングハート56.0
クインズサリナ51.0
シャドウノエル52.0
ダイメイプリンセス55.0
タマモブリリアン52.0
ディアンドル52.0
ディープダイバー53.0
ナインテイルズ55.0
ファンタジスト54.0
ミラアイトーン56.5
メイショウケイメイ50.0
メイソンジュニア54.0
モズスーパーフレア55.0
ラインシュナイダー55.0
ラインスピリット56.0
ラブカンプー53.0

北九州記念2019過去10年のデータ傾向

毎年、面白いように荒れる北九州記念ですが、その理由はどれなのか?どこにあるのか?

このあたりも含めて、過去10年の結果を見ながら、傾向を探っていきたいと思います。

  1. 単勝1番人気[0-2-2-6]と1着は無し
  2. 単勝8番人気が5勝でトップ
  3. 枠順の偏りは無し
  4. 先行・差しが有利、逃げ、追い込みは大不振
  5. 4歳5歳6歳が優秀、特に4歳牝馬は破格の数字
  6. 乗り替わり騎手が優秀
  7. 馬体重マイナスは割引
  8. 斤量56.5kg以上馬は大不振で切ってもいいくらい
  9. 斤量増は狙い目、斤量減は2キロ以上減する馬が狙い目
  10. 前走4角5番手以下が優秀
  11. 前走G1G2組み不振
  12. 前走距離1200m、1400mが優秀

荒れる重賞ということもあり、普段の重賞よりデータが多いですね。

すべて重要なデータですが、必ず予想に入れてほしいデータが、赤文字のデータです。

8番9番12番から予想に入り、最後は、7番の馬体重で最後の取捨てを決める感じでしょうか。

ただ、これでも、なかな決めかねない可能性もありますので、逆に、この条件の場合は、買わないほうが良いよ!っていうデータを紹介します。

母父ノーザンダンサー系が買えない

母父ノーザンダンサー系はアンヴァル、イエローマリンバ、エイシンデネブ、タマモブリリアン、ナインテイルズ、モズスーパーフレア、ラインシュナイダーの7頭。

北九州記念が荒れる理由の1つに血統があるのかなと。

今回、この7頭は、個人的には見送りにしようかと思っています。

そういえば、モズスーパーフレアがいますね(ニヤリ)

あと、逃げ馬。これが[0-0-0-10]。

逃げ馬は枠順次第になりますし、逃げたい馬が多いので、実際にはスタートを切らないとわからないですから、基本的には、先行馬を軸にしたほうが良さそうですね。

[ad]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。