中央競馬最終予想

古都ステークス2020予想や過去データ傾向・得意のコースで先行力が活きる競馬

古都ステークス2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年10月31日(土曜) 4回京都7日3歳以上3勝クラス芝2400m

古都ステークス過去9年のデータ分析(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬など)

[temp id=18]

古都ステークス2020登録馬

古都ステークス2020予想オッズ

1 アンティシペイト 1.4
2 シークレットラン 5.6
3 スヴァルナ 6.8
4 シンボ 12.8
5 ヴィッセン 15.0
6 ラクローチェ 21.0
7 マスターコード 28.3
8 レオビヨンド 36.4
9 サウンドバーニング 54.2
10 フィールインラヴ 61.7
11 ステイパーシスト 105.6
12 ベイビーステップ 200.9
[temp id=12]

古都ステークス2020過去データ傾向分析

過去9年ハンデ戦、芝2200m、芝2400m戦を含むデータ分析を紹介します。

枠順データ

脚質データ

単勝人気データ

年齢データ

騎手データ

種牡馬データ

前走クラスデータ

前走レースデータ

古都ステークス2020予想

今年は、あまり過去データ傾向が使えないようなメンバー構成で、過去データをベースに予想をする私にとっては、なかなか難しい予想だなと。

使えない過去データの中で、前走芝2000m組が好走していますが、これも前走場所の部分で該当馬無し。

それでも、距離延長組が好走していますので、今年もそのあたりを狙いつつ、息の長い脚質を出せそうな馬を本命にしたいと思います。

◎本命・複勝ヴィッセン

そこそこ時計のかかっている京都開催の中、7日目のここは、さらに時計がかかるレースになるのかなと。

そうなれば、ある程度前で競馬をしながら、二枚腰で伸びていける馬が有利に競馬を進められそうで。

ヴィッセンは、気性面の部分で損をしてきたタイプで、ステイヤーならなおのこと気性難は不安材料。昨年からブリンカーを装着しての競馬で、ある程度折り合い面も解消されつつの今回勝鞍のある京都芝2400m。

切れる脚は無いですが、しぶとい先行力に平坦京都ならさらに伸びる脚質は、京都なら期待も持てるはず。

今回、そこまで人気にならないここは複勝で面白い1頭だと思います。

◎ヴィッセン
○アンティシペイト
▲シークレットラン

ワイド◎=○▲2点

[temp id=10] [temp id=17]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。