スポンサーリンク

九十九里特別2020予想や過去データ傾向・展開面もコース適性も今回が狙い目の1頭

九十九里特別2020予想や過去データ傾向を紹介します。2020年9月26日(土曜) 4回中山競馬6日・3歳以上 2勝クラス・芝2500m

九十九里特別2020枠順

枠番馬番馬名性齢斤量騎手
11ネガイ牝455.0津村 明秀
22チャロネグロ牡657.0M.デムーロ
33ダノングロワール牡354.0三浦 皇成
44ウインキートス牝352.0丹内 祐次
55ヒラボクメルロー牝455.0横山 典弘
56マスラオ騸657.0北村 宏司
67エフェクトオン牡457.0田辺 裕信
68サンシロウ牡657.0丸山 元気
79カンバラ牝352.0戸崎 圭太
710ツクバソヴァール牡457.0内田 博幸
811ホクセンジョウオー牝555.0武藤 雅
812ブレーナード牡354.0横山 武史

九十九里特別2020過去データ傾向分析

過去9年分を参考にしています。

単勝人気データ

単勝1番人気[2-2-2-3]3着内率66.7%と好走していますが、単勝2番人気が[1-2-4-2]3着内率77.8%とさらに好走。

基本的には、単勝1番2番人気を中心に単勝8番人気までが紐馬となりそうです。

枠順データ

3着内率20%を切るのが1枠のみで、あとはどこからでも勝ち負けが出来ている結果。

特に6枠~8枠で5勝と中心の枠順。

脚質データ

長距離レースということで、逃げ馬が[0-1-0-8]と苦戦しており、先行馬が[8-4-4-14]と好走。

差し馬も好走しているように4角通過8番手以内までが狙い目で、先行馬であれば4角で逃げ馬を交わしての最後の直線で先頭押しきりも可能な結果。

ただ、上がり3F1位2位が活躍していますので、先行~差し馬が中心になってきます。

年齢データ

3歳が[4-4-6-10]と好走しており中心の存在。

前走距離データ

前走1800m以下は[0-2-0-14]と苦戦。

前走2000m以上から好走しており、前走2200mと2600mが3勝ずつでトップタイの成績。

前走レースデータ

前走レース成績を紹介しようと思いましたが、レース数が多いわりにレース傾向の偏りが無いため、前走コースを掲載しました。

基本的に4大馬場より、ローカル長距離組が好走しており、前走札幌2600m組がトップの成績です。

九十九里特別2020予想

現在、JRA発表の馬場状態が稍重。

ただでさえスタミナとパワーを要するコースに稍重まで加わると、さらにパワーが必要になってくるレースになりそうで、まず逃げ馬は苦戦を強いられるはず。

さらに2500mはカバー出来る距離程度の馬では到底馬券にはならず、最低でも芝2600m以上でタイムは関係なく、3着以内に入った実績を持つ馬を狙いたいかなと。

展開はスローペースを想定していますが、逃げ先行馬が揃ったことでミドルペース近くまで速くなることも視野にいれれば、やはり先頭から6馬身までの馬を狙うのがベスト。

◎本命・複勝

エフェクトオン

前走信夫山特別は、ハンデ頭を単勝1番人気で2着。勝ち馬からコンマ3秒差なら善戦したレースだったと思います。

また、勝ち馬が二の足を使うような展開で、斤量差もありましたので仕方の無いレースだったかなと思います。

今回、休養明け初戦ですが、乗り込み量も豊富で仕上がったように見え、狙い時。

タイプ的に前に2~3頭置いて先団を追走しながら、前がバテたところを、豊富なスタミナで交わす競馬が得意で、さらに切れ味もありますので、今回のメンバーなら前走以上は期待出来る形。

中山芝2500mはトリッキーなコースで、コーナーを6回通過します。折り合い面や内回りコースに不慣れな馬には荷が重いコース。

その点、中山、福島で好走歴のあるエフェクトオンは、展開面も含めて、今回ほどの狙い目のレースは無いと思います。

◎エフェクトオン
○カンバラ
▲ネガイ
△チャロネグロ
×ウインキートス
×ダノングロワール

◎=○▲△××5点

[common_content id=”15869″] [common_content id=”15549″] [common_content id=”15717″]
タイトルとURLをコピーしました