中央競馬最終予想

宮崎特別予想・斤量52キロは魅惑の塊!格上挑戦でも先行力活かす競馬で狙い目十分

宮崎特別予想を紹介します

このクラスの小倉芝1800mは、単勝1番人気が苦戦傾向にあり、3着内率で50%前後の結果。

上位人気馬が苦戦している影には、夏開催+非根幹距離という部分や、この時期を境に急成長する、それまでの人気薄の台頭などが挙げられます。

今年のメンバーは、3歳4歳がメインとなっていますが、前日単勝オッズでは、5歳以上が上位人気馬を形勢。4歳牝馬ナリスが単勝2番人気ということですから、個人的には、若駒の成長力に期待したいかなと思っています。

それでは、宮崎特別2020の予想を紹介します。

宮崎特別2020枠順

宮崎特別2020予想

全体的に逃げ先行馬が少なく、少頭数ということもあり、スローペースを想定しています。

小倉芝1800mは、逃げ先行馬が有利で、4角5番手以内が優秀。上がり3F勝負にはなりますが、34秒~35秒台の上がり3Fになりやすく、パワーやスタミナ、最後まで走りきれる持続力も問われるコース。

レース当日は良馬場を見越しており、そうなれば、内枠が断然有利となり、逃げ先行馬が少い今回は、多少の人気薄でも内枠+逃げ先行馬を狙って行くのがベストかなと考えています。

◎本命:複勝

ヤマカツパトリシア

まず、斤量52キロは、魅惑の塊で。

これがあるおかげで、少ない同型先行馬の中、思う存分に先行力を発揮出来る競馬が出来そうなのは、大きなプラス材料です。

これまで、11戦を消化して、前走未勝利戦で優勝。新潟2000mをハイペースで4角2番手で通過、そこから上がり3F2位で1着と、スタミナやパワーは申し分なく、これが重馬場でのレースだったことを考えても、先行力は確かなものを持っているかなと。

また、今年に入ってから、スローペース~ハイペースの競馬を経験しながら負けはすべて1秒以内ですから、どんな競馬でも立ち回れる可能性が強く、善戦してきた競馬だったと思います。

今回、開催3日目の2枠を引いたことで、スムーズにインの好位先行を取れ、さらに強力な逃げ馬不在ですから、ハナにも行ける形。

開催3日目+斤量52+好枠+逃げ先行+パワー・スタミナと、買いの材料が揃いましたので、格上挑戦のここでも素直に期待したい1頭ですね。

◎ヤマカツパトリシア
○ナリス
▲ナイトバナレット
△アドマイヤジョラス
×ギャツビー

馬連◎=○▲△×4点

宮崎特別2020予想オッズ

1 アドマイヤジョラス 2.3
2 ヤマカツパトリシア 4.6
3 デクレアラー 5.2
4 ナリス 7.8
5 ナイトバナレット 8.5
6 エイシンルカーノ 14.5
7 ゼンノジャスタ 17.6
8 ヴィント 17.7
9 ギャツビー 18.6
10 レイトブルーミング 51.8
11 タイクーンバゴ 99.9
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。