中央競馬最終予想

中山記念予想/昨年のリベンジ戦・先行抜け出しならラッキーライラック

中山記念2020の予想を紹介します。(2020年3月1日中山競馬第94回中山記念4歳以上オープンG3/芝1800m)

ウインブライトの3連覇がかかる中山記念に、皐月賞3着や芝1800mの重賞を2勝しているダノンキングリー。さらに非根幹距離のエリザベス女王杯を優勝したラッキーライラックなどが上位人気を固め、

マイルCS制覇の2頭、ペルシアンナイトにインディチャンプが参戦。

そして、中山記念で引退を表明しているオークス馬ソウルスターリング。個人的には、賞金ランキング2位藤沢厩舎が賞金の高いレースで1位奪還を目指すといった思惑などを考えれば、軽視出来ない存在かなと考えています。

基本的には、中山巧者の2頭、ウインブライトとラッキーライラックが中心で、ダノンキングリーやペルシアンナイト、インディチャンプが追いかける形を想定しています。

あとは、馬券の組み立て方を最終追い切りや、展開の有利不利で決めて行こうと思います。

中山記念2020前日オッズ

引用先:ネット競馬

中山記念2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 インディチャンプ 牡5 58.0 福永祐 [栗]音無秀
2 2 エンジニア 牡7 56.0 大野拓 [美]牧光二
3 3 ダノンキングリー 牡4 56.0 横山典 [美]萩原清
4 4 ソウルスターリング 牝6 54.0 北村宏 [美]藤沢和
5 5 ペルシアンナイト 牡6 57.0 池添謙 [栗]池江泰
6 6 マルターズアポジー 牡8 56.0 武士沢 [美]堀井雅
7 7 ラッキーライラック 牝5 55.0 Mデム [栗]松永幹
8 8 ウインブライト 牡6 58.0 Fミナ [美]畠山吉
8 9 ゴールドサーベラス 牡8 56.0 横山和 [美]清水英

中山記念2020予想

◎本命:複勝

ラッキーライラック

色々な思惑が交差する中、特に気になるのがラッキーライラック。

昨年の中山記念は2番手を追走しながら最後はウインブライトに詰め寄られてタイム差無しの2着。

それまでの差し脚質から一変しての先行策でこの走りですから、地力がある証拠に加え、脚質の幅が広がったということは、心身共に成長していることが伺えます。

今回、マルターズアポジーが逃げる展開を予測。

そうなると隣枠のラッキーライラックにとっては好都合で、そのまま一緒に最初のコーナーまでに良いポジションを取れやすいのが容易に想像が出来、仮に控えたとしても、エリザベス女王杯で見せた上がり3F32秒8の切れ味がありますので、問題ないはず。

最終追い切りは、栗東CW/6F81.7-5F66.4-4F51.6-3F37.7-1F12.3。ダンスディライトと併せて3馬身先着と走れており、状態面は良さそうです。

以前から話しているように牝馬で馬体重500キロ超えは、本物か凡走かの2択が多く、ラッキーライラックの場合は前者に。

他牝馬の場合、キツイ負荷をかけた調教が出来にくい面がある反面、ラッキーライラックなら牡馬並の馬格がありますので仕上がり過程でも格段に違ってきます。そう考えれば、最終追い切りは素直に参考にしたい内容です。

また、斤量55キロもプラス材料で、ダノンキングリーやウインブライトとの兼ね合いを考えれば、馬格のあるラッキーライラックにとっては、この上無いハンデ差といって良い斤量。

あとは、先行しながら後ろの展開が有利になったとしても3着以内に粘れる実績があり、差す競馬でも非根幹距離で切れ味豊かな走りを見せていますので、今回に限っては、安定の軸馬になると思います。

◎ラッキーライラック
◯インディチャンプ
▲ウインブライト
△ペルシアンナイト
×ダノンキングリー
×ソウルスターリング

馬連◎=◯▲△×4点

3連複
1着:◎
2着:◯▲
3着:◯▲△×7点

※前日午後の3連複のオッズ

  1. 01-03-07[5.8倍]
  2. 03-07-08[6.1倍]
  3. 01-07-08[9.4倍]
  4. 01-05-07[14.4倍]
  5. 05-07-08[18.5倍]
  6. 01-04-07[45.3倍]
  7. 04-07-08[50.6倍]

このまま行けば、トリガミになるオッズですので、予算セットで払い戻し均等にするのが無難かもしれません。もしくは、個人的に気になったソウルスターリングを外しでの3連複5点もありですね。

[common_content id=”9806″] [common_content id=”10677″]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。