中央競馬最終予想

仁川ステークス予想や過去データ傾向/内枠を引いたことで昨年の再現濃厚な1戦

仁川ステークス2020の予想や過去データ傾向を紹介います。(2020年2月29日阪神競馬仁川ステークスリステッド/4歳以上オープン/ダート2000m)

メンバー的にG3でも十分にやっていけそうなメンバーが揃ったことで非常に楽しみな1戦。

今回は、上位人気馬の取り捨てが難しく、個人的な見解としては横一戦のようなレースで、特に上位人気馬の根拠が前走レース内容が良かった。負けて強しといった場合が多いなと感じとれますので、そのあたりを考慮すれば、穴っぽいところを狙っていくほうが面白いかなと。

また、クリンチャーが初ダート参戦に加え、2枠を引いたことで「逃げる競馬」になれば、そこそこやれるのでは?と。買うなら先物買いの今回かなと思っています。

阪神ダート2000mはパワーの要るコース。ペース次第で時計が1秒以上も変わってきますので、展開予測はきっちりと行いたいところ。

今回は速くてもミドルペース。スタートの出方次第では、スローペースもあるかなと考えています。

それでは予想です。

仁川ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

仁川ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 テーオーフォース 牡5 53.0 浜中俊 [栗]岡田稲
1 2 メイショウスミトモ 牡9 55.0 古川吉 [栗]南井克
2 3 ビスカリア 牝8 53.0 酒井学 [栗]山内研
2 4 クリンチャー 牡6 57.0 池添謙 [栗]宮本博
3 5 コスモカナディアン 牡7 55.0 国分優 [美]金成貴
3 6 テルペリオン 牡6 57.0 松若風 [栗]寺島良
4 7 (外)アポロテネシー 牡5 54.0 松山弘 [栗]山内研
4 8 デザートスネーク セ6 55.0 松田大 [美]武井亮
5 9 ジュンヴァルカン 牡7 54.0 藤井勘 [栗]友道康
5 10 メイショウウタゲ 牡9 56.0 高倉稜 [栗]安達昭
6 11 ノーヴァレンダ 牡4 56.0 Aシュ [栗]斉藤崇
6 12 コマビショウ 牡5 55.0 和田竜 [栗]南井克
7 13 ナムラアラシ 牡7 57.0 幸英明 [栗]牧田和
7 14 (地)ヒストリーメイカー 牡6 54.0 藤岡佑 [栗]作田誠
8 15 ミッキーポジション 牡5 54.0 横山典 [美]菊沢隆
8 16 メモリーコウ 牝5 52.0 坂井瑠 [栗]松永幹

仁川ステークス2020予想

阪神ダート2000mのコース傾向としては、先行馬が有利で、4角3番手4番手の先行馬の押し切りが有利なコース。ただ、クラスが上がるに連れて差し馬を馬券になっていますので、絶対的有利とまではいかないのは覚えておきたいところです。

仁川Sハンデ戦の過去2回は単勝1番人気が[0-1-1-0]の成績で、、別定戦に比べると好走している形も紐馬が荒れやすい結果。

また、ペースによって勝ちタイムが1秒以上違っている点から、持ちタイムはそこまで気にすることはなく、むしろ展開によって有利な脚質や有利に働きそうな馬を狙っていくのがベストかなと。

メンバー的にG3でも問題ないような強力馬が参戦して来ていますので、ペース予測はさらに重要になってきます。

今回は、逃げ馬が不在ということや、先行勢がそこまで揃っていないので、速くてもミドルペースまでを予測。スタートさえ落ち着けば、スローペースもあるかなといった見立。

そうなれば上がり勝負ではなく、先行しながら最後まで脚を伸ばせる馬が有利で、持ちタイムや阪神コース好走実績などは、そこまで気にすることはないかなと考えています。

◎本命:複勝

テルペリオン

昨年の同レースを優勝したあとは、オープン特別1勝、交流重賞3着とまずまずの成績を残し、前走佐賀記念は5着に敗退。

久々の競馬や慣れていないコース。さらに長距離輸送などすべてにおいて条件が悪く度返しをしてもいいレース内容だったと思います。

昨年の仁川Sは、スローペースを先行して抜け出す競馬。阪神コースは、[2-0-0-3]と勝つか負けるかの成績も、今回は3枠を引いたことや、強力な同型馬が不在ということもあり、期待出来るかなと。

昨年を優勝したとは案外なレースばかりであればフロック視も仕方が無いところも、オープン特別を勝っていることから地力は十分にあり、上がり勝負になりにくい今回なら昨年の走りが再現されてもおかしくない。

さらに上位人気馬は、前走内容が上々ばかりの馬で実績面で言えばそこまで突起した内容ではないだけに、人気落ちが想像出来るテルペリオンは狙い目十分な今走りになると思います。

◎テルペリオン
◯クリンチャー
▲アポロテネシー
△コマビショウ
△ヒストリーメイカー
×メモリーコウ

馬連◎◯=◎◯▲△△×9点

3連単
1着:◎◯
2着:◎◯▲
3着:◎◯▲△△×

[common_content id=”9807″] [common_content id=”10677″]

仁川ステークス2020過去データ傾向

特に重要なデータを紹介します。(ハンデ戦・別定戦を含んだ過去5年を参考)

  • 単勝10番人気までが馬券になっていますが、3着以内15頭中10頭が単勝3番人気以内
  • 単勝1番人気2番人気が揃って3着外になったことが無く、基本的に上位中心のレース
  • 前走2番手以内が[0-0-2-11]と苦戦傾向
  • 3着以内15頭中10頭が4角4番手以内の逃げ・先行馬
  • 連対馬10頭中10頭すべてが馬体重476キロ以上で500キロ以上が優秀
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。