競馬ニュース

新潟競馬初日開催過去データ傾向分析

こんばんは。
足立です。

今週から新潟競馬開幕ということで、
簡素にまとめてありますが
初日限定のデータをシェアしていきたいと思います。

予想の参考になれば幸いです。

過去10年初日開催結果

単勝人気

『単勝1番人気勝率29.6%3着内率57.6%』

意外と低い数字で、
そこまで信頼出来る数字ではないかなと。

それでも3着内率はトップですから
軽視出来ない存在も、

3着内率60%を切っている時点で、
毎回、単勝1番人気は疑うところから
予想に入るのがベストでしょうか。

脚質

『先行馬:勝率10.8%3着内率21.7%』

数値は逃げ馬がトップですが、
出走頭数を考えれば先行馬が優秀かなと。

特に、差し馬と勝数がそこまで変わらない中で
出走頭数は約半数での結果ですから
先行馬有利とみるべき。

また、上がり3F勝負になりやすく、
初日開催も手伝ってか、
圧倒的に先行馬が有利です。

ちなみに、
逃げ馬で上がり3F3位以内は連対率100%。
これを見抜くのは至難の業ですが、

前走で良い脚を使った逃げ先行馬は要チェックですね。

枠順

枠順による有利不利はないものの、
当日単勝1番人気が5枠6枠なら
単回収率100%を超えています。

ダート

単勝人気

『単勝1番人気勝率40%3着内率69%』

単勝1番人気が活躍しており中心の存在です。
また、単回収率102%と優秀で
軸候補で間違いないかなと。

迷う予想があれば、単勝1番人気を軸にするのも
ありなような数値です。

単勝6番人気以下勝率5%を切っていますので
苦戦傾向が強く、

単勝13番人気以下に限っては勝ち星なし。

過度な人気薄狙いは控えたほうが良さそうですね。

脚質

『逃げ勝率26.6%3着内率51.6%』

逃げ馬が優秀で狙い目十分。

新潟競馬は、ほぼ1200mか1800mしかなく、
両方ともに互角の数値ですので
やはり逃げ馬は狙い目です。

先行馬も好走しており、
断然に前有利な結果です。

また、上がり3F競馬になりやすく、
切れ味は必要なコースです。

枠順

『3枠~8枠が中心』

1枠が他枠より数字が悪く苦戦。
出走頭数の兼ね合いはありますが、

それでも過去10年で7勝というのは、寂しい結果で
狙うなら3枠から8枠が中心になります。

ご参考まで。