中央競馬最終予想

鋸山特別2019予想オッズや過去データ/逃げ先行馬有利で斤量52キロなら狙い目十分

鋸山特別2019のの予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから単勝、複勝推奨馬を紹介します。(9月29日/中山競馬場/鋸山特別2019/ダート1,800m1000万下)

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年無料予想プラス169,490円の獲得!
昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え2021年中山金杯で183倍的中です!


■有馬記念73.7倍×400円
[払戻金]29,480円[回収率]526.4%
11番人気サラキアをしっかりと入れて高配的中!

■ホープフルS19.0倍×400円
[払戻金]7,600円[回収率]158.3%
ダノンザキッドを軸に堅め決着でもプラス収支!


◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円
最高値は天皇賞春7万弱獲得/回収率1350%
的確でありながら高配当が見込めます。

■先週の無料買い目結果
NHKマイルカップ3連複34.5倍×300円=10,350円獲得!
無料買い目画像がこちら↓

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開。

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料買い目です。

こちらからご確認ください↓↓

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

鋸山特別2019予想

何が来てもおかしくない大混戦の鋸山特別ですね。

ほんと難しい。

中山ダート1800mは中枠先行馬が良く走り、スタミナ勝負の負い比べになりやすいコースです。

ですから、血統背景もミスプロ系のスタミナ豊富なキングカメハメハ産駒やヴァーミリアン産駒が良く走っており、マイラーや非根幹距離系は割引が必要ですね。

逃げ馬2頭に先行勢が揃いましたからミドルペース以上はありそうで、そうなると先行~好位追走馬の押しきりや抜け出しが決まりそうかなと。

グッバイガールとロードストライクがハナ争いをしながら1番手2番。そのすぐ後ろから5番手以内を追走出来る馬が今回は狙いやすく、ミドルペースですからそのままの脚でゴールへ向かう形。

◎本命:複勝

グッバイガール

逃げる2頭のすぐ後ろを狙いたかったのですが、これといった馬がいない。そうなると逃げる2頭の内1頭が馬券になりやすいと想定。

横山典騎手でなければ、この枠順ですから本命にすることはなかったのですが、ハナに拘る必要もなく2番手追走でも楽に4角を回れるかなと。

前走ポプラSは、逃げてハイペースを演出。上がり3F3位で逃げ切るスタミナとパワーはここでも十分に活きるはず。

中山ダート1800mの持ち時計は平凡ですが、クラス慣れが見込める2走目に相手なりに走れる器用さを買いたいですね。

ハナに行けば無論問題なく馬券に。2番手追走でもこのメンバーであれば、斤量52キロが物を言うように、そのままゴールまで残れる計算。

[ad]

鋸山特別2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

鋸山特別2019過去データ傾向分析

ラジオ日本賞の過去7年の結果を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[1-2-1-3]連対率43%
  2. 単勝2番人気[3-0-3-1]連対率43%
  3. 単勝3番人気[1-0-2-4]連対率14%
  4. 関西馬[4-5-3-33]連対率20%
  5. 関東馬[3-2-3-23]連対率16%
  6. 3歳[1-1-1-2]連対率40%
  7. 4歳[2-0-1-4]連対率28%
  8. 5歳[4-2-4-9]連対率31%
  9. 6歳[0-3-1-25]連対率10%
  10. 7歳以上[0-1-0-18]
  11. ミスプロ系が優秀、中でもキングカメハメハ産駒が特に優秀
  12. 4角5番手以内の先行~好位馬が優秀
  13. 前走ダート1800mが中心で次いで1700m
  14. 前走レパードS、阿蘇S、エルムS、BSNが優秀
  15. 上がり3F2位以内が優秀
  16. 牡馬が優秀
  17. 枠順の有利不利は無し
  18. 馬体重464キロ以上が目安

ミスプロ系が非常に優秀。

牡馬の活躍が目立つレースで、過去8年、牝馬の3着以内は0頭。

牡馬主体ですが、馬体重は、464キロ以上がひとつの目安。もちろん馬格があれば有利です。

前走レパードS、阿蘇S、エルムS、BSNが優秀。各レースともに3着以下の巻き返しが目立つ

枠順の有利不利は無し。

最後に年齢。7歳以上になると好走率が一気に下がります。高齢馬になってもオープンクラスをうろうろしている時点で、力関係が乏しいことが伺えます。

[ad]

鋸山特別2019コース解説

スタンド前直線の入口からスタートして最初のコーナーまでの距離は375m。最後の直線距離は中央4場では最短の308m。コース全体の高低差は4.4mで、JRA10場の中で最も起伏に富んでいる。

スタート直後から急坂を駆け上がり、向こう正面は下り坂。3~4コーナーを回って再び直線の急坂となる非常にタフなコースで、砂が深いことも相まって最後は我慢比べとなる。

脚質は逃げ、先行馬が圧倒的に有利で、マクリも決まる。最後の直線では前に行った馬も、後ろにいる馬も同じ脚になるというレースが多々見られ、4コーナーでのポジションは非常に重要。

下級条件では上がり3F40秒を超えることもあり、スピードよりもバテないパワーが要求される。引用先:競馬ラボ

[insert page=’2019-09280929kizi’ display=’content’]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。