中央競馬最終予想

納屋橋ステークス過去データ傾向・久々の競馬も前走同騎手で狙い目十分

納屋橋ステークス過去データ傾向を紹介します。

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年無料予想プラス169,490円の獲得!
昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え2021年中山金杯で183倍的中です!


■有馬記念73.7倍×400円
[払戻金]29,480円[回収率]526.4%
11番人気サラキアをしっかりと入れて高配的中!

■ホープフルS19.0倍×400円
[払戻金]7,600円[回収率]158.3%
ダノンザキッドを軸に堅め決着でもプラス収支!


◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円
最高値は天皇賞春7万弱獲得/回収率1350%
的確でありながら高配当が見込めます。

■先週の無料買い目結果
NHKマイルカップ3連複34.5倍×300円=10,350円獲得!
無料買い目画像がこちら↓

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開。

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料買い目です。

こちらからご確認ください↓↓

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

納屋橋ステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ナスノシンフォニー 牝5 55.0 C.ルメール
2 2 ムーンチャイム 牝5 55.0 武 豊
3 3 シュリ 牡4 57.0 川田 将雅
3 4 キャンディストーム 牝6 55.0 藤岡 康太
4 5 フィニフティ 牝5 55.0 岩田 望来
4 6 シャイニーロック 牡4 57.0 松若 風馬
5 7 アプルーヴァル 牡5 57.0 和田 竜二
5 8 ソシアルクラブ 牝5 55.0 池添 謙一
6 9 クリアザトラック 牡6 57.0 斎藤 新
6 10 カイザーミノル 牡4 57.0 松山 弘平
7 11 カフジバンガード 牡5 57.0 富田 暁
7 12 ステイオンザトップ 牡6 57.0 浜中 俊
8 13 ルーカス 牡5 57.0 M.デムーロ
8 14 ヒルノマリブ 牝3 53.0 亀田 温心

納屋橋ステークス2020予想

先行馬の強いコースで、最後は上がり3F勝負になりやすいのですが、ゴール前の坂道があるため、34秒~35秒台の上がり3Fもあり、切れ味というよりは、パワーを要する切れ味が必要なコースです。

過去データ少ないので、2勝クラスも交えたデータを参考にすれば、1枠と7枠が好走しており、前走から距離延長か、同距離組が優秀。

上位人気馬が好走しており、人気薄は単勝7番人気以内が目安になるのかなと。

今年のメンバーは、ある程度先行勢が揃ったことで、ミドルペース以上を想定。クリアザトラックが逃げれば、スローに落とす競馬をする可能性も、先行勢が突く展開で、ミドルペースまで上がるかなと。

前半後半に差がなく、最後は決めて勝負になる。そんなイメージです。

◎本命・複勝

カイザーミノル

久々の競馬でも狙ってみたくなるのがカイザーミノル。

今回は昇級初戦となり、メンバーの力関係も上がる形ですが、これまでの内容からして、ここはスンナリと上がっても良さそうかなと。

前走天神橋特別は、稍重の中、単勝1番人気で1着。松山騎手の好騎乗もありながらの1着でしたが、今回もその松山騎手が手綱を握りますので、陣営の本気度も相当かなと思います。

これまで3勝の内、2勝をマイルで挙げているように距離は得意。ただ中京で[0-0-0-2]と苦戦している点は不安材料ですが、

6枠を引いたことで好位先団が取れ、前走のような器用な脚質もありますので、ペースに惑わされる心配も無い。

ここは期待したい1頭ですね。

◎カイザーミノル
○シャイニーロック
▲シュリ
△フィニフティ
×クリアザトラック

馬連◎=○▲△×4点

納屋橋ステークス2020過去データ傾向

※中京コースの2勝、3勝クラス・定量戦・芝1600mの過去10年を参考にしています。

  1. 単勝1番人気[5-1-0-3]3着内率66.7%。単回収率125%
  2. 単勝7番人気以下の1着無し
  3. 単勝20倍以上の1着は無し
  4. 1枠と7枠が好走
  5. 馬体重439キロ以下は苦戦
  6. 6歳以上[0-0-1-20]苦戦
  7. 4歳[6-1-5-27]と好走
  8. 逃げ馬の3着内率40%とまずまず。中心は先行馬
  9. ディープインパクト、ステイゴールド産駒が好走
  10. 距離短縮組が苦戦。前走1400m、1600m組が中心
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。