中央競馬最終予想

佐世保ステークス2020予想・過去データ傾向・得意の小倉に鞍上強化で期待出来る1頭

佐世保ステークス2020の予想や予想オッズ・過去データ傾向を紹介します。

佐世保ステークス2020の過去結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)を分析した中から最終予想として本命・対抗・穴馬を紹介します。

佐世保ステークス2020枠順

佐世保ステークス2020予想オッズ

1 カレンモエ 2.5
2 ジュランビル 3.5
3 アダムバローズ 6.1
4 ビアイ 6.7
5 ワールドフォーラブ 10.3
6 コンパウンダー 14.8
7 バーニングペスカ 18.0
8 ラフィングマッチ 21.6
9 フェルトベルク 22.4
10 アテンフラワー 33.5
11 コウエイダリア 42.4

佐世保ステークス2020過去データ傾向分析

定量戦で行われた過去9年を参考にしています。

単勝人気データ

  • 1番人気 [2- 2- 1- 4]
  • 2番人気 [2- 1- 0- 6]
  • 3番人気 [0- 2- 1- 6]
  • 4番人気 [2- 2- 1- 4]
  • 5番人気 [2- 1- 1- 5]
  • 6番人気 [0- 0- 2- 7]
  • 7番人気 [1- 0- 0- 8]
  • 8番人気 [0- 0- 1- 8]
  • 9番人気 [0- 0- 2- 7]
  • 10番人気 [0- 0- 0- 8]
  • 11番人気 [0- 1- 0- 6]
  • 12番人気 [0- 0- 0- 7]
  • 13番人気 [0- 0- 0- 5]
  • 14番人気 [0- 0- 0- 3]
  • 15番人気 [0- 0- 0- 3]
  • 16番人気 [0- 0- 0- 2]
  • 17番人気 [0- 0- 0- 1]

単勝1番人気[2-2-1-4]勝率22.2%連対率44.4%とまずまずの成績。

単勝5番人気以内までが好走しており[8-8-4-25]と中心の存在です。ただし、近4年は単勝1番人気が[0-0-0-4]となっており、上位人気で決まりやすいですが、単勝1番人気は苦戦しています。

全体的には、単勝8番人気以下から勝ち星は無く[0-1-3-50]。単勝12番人気以下[0-0-0-21]と苦戦。

単勝オッズデータ

  • ~ 1.9 [1- 1- 1- 0]
  • 2.0~ 2.9 [1- 1- 0- 2]
  • 3.0~ 3.9 [1- 0- 0- 2]
  • 4.0~ 4.9 [1- 0- 0- 3]
  • 5.0~ 6.9 [0- 4- 0- 8]
  • 7.0~ 9.9 [2- 2- 2- 4]
  • 10.0~14.9 [2- 0- 2- 6]
  • 15.0~19.9 [1- 0- 1- 12]
  • 20.0~29.9 [0- 0- 1- 12]
  • 30.0~49.9 [0- 0- 2- 10]
  • 50.0~99.9 [0- 1- 0- 15]
  • 100.0~ [0- 0- 0- 16]

単勝100倍以上[0-0-0-16]と苦戦。

また、単勝20倍以上に勝ち星は無し[0-1-3-53]。

単勝5倍~14.9倍が好走しており[4-6-4-18]。中心の存在かと思います。単勝1番人気になりやすい2.9倍以内は[2-2-1-2]とこちらも好走。

上位人気馬の決着が多いレースですが、人気割れしやすく、単勝50倍以内まで注意が必要かなと思います。

枠順データ

  • 1枠 [1- 0- 1- 9]
  • 2枠 [1- 0- 0-11]
  • 3枠 [0- 3- 0- 9]
  • 4枠 [2- 1- 2- 9]
  • 5枠 [1- 3- 1-11]
  • 6枠 [0- 0- 1-15]
  • 7枠 [2- 1- 4-10]
  • 8枠 [2- 1- 0-16]

全体的にどこからでも勝ち負け出来ている結果の中、3枠~8枠がやや高めの数字を出しています。

間隔データ

  • 連闘 [0- 0- 0- 0]
  • 2週 [1- 1- 0- 6]
  • 3週 [1- 0- 1- 11]
  • 4週 [3- 6- 2- 27]
  • 5~ 9週 [2- 1- 0- 20]
  • 10~25週 [1- 1- 6- 21]
  • 半年以上 [1- 0- 0- 5]
  • 明け2戦 [0- 2- 1- 15]
  • 明け3戦 [3- 0- 1- 10]
  • 明け4戦 [2- 0- 0- 8]
  • 明け5戦 [2- 0- 0- 8]
  • 明け6~ [0- 6- 1- 22]

中4週~25週[6-8-8-68]と好走しており中心の存在。

休養明け3戦目から成績が良くなってきており、夏競馬から順調に使われている馬の好走が目立っています。

脚質データ

  • 逃げ [2- 0- 0- 7]
  • 先行 [4- 7- 5- 19]
  • 中団 [2- 1- 2- 31]
  • 後方 [1- 1- 2- 33]
  • マクリ [0- 0- 0- 0]
  • 3F1位 [2- 1- 0- 6]
  • 3F2位 [0- 0- 3- 9]
  • 3F3位 [1- 1- 0- 5]
  • 3F~5位 [3- 3- 2- 11]
  • 3F6位~ [3- 4- 4- 59]

逃げ馬が2勝とまずまずの成績ですが、基本的には、先行~差し[6-8-7-50]と中心の存在。

上がり3F34秒台が多く、時計のかかりやすいレース。上がり3Fも4位以下が6勝となっていることから、パワーやスタミナのある先行馬が活躍。

上がり3F3位以内馬は、差し・追い込み馬が活躍しやすい結果となっています。

馬体重データ

  • 419kg [0- 0- 0- 2]
  • 420~439kg [2- 2- 1- 4]
  • 440~459kg [2- 2- 1- 13]
  • 460~479kg [2- 0- 3- 30]
  • 480~499kg [1- 3- 3- 29]
  • 500~519kg [0- 2- 0- 11]
  • 520~539kg [1- 0- 1- 1]
  • 540~ [1- 0- 0- 0]

性別・所属別データ

  • 牡馬・せん馬[3-5-6-65]
  • 牝馬[6-4-3-39]
  • 関東馬[0-1-0-5]
  • 関西馬[9-8-9-85]

牝馬が好走しており[6-4-3-39]。現在、4年連続で牝馬が優勝しています。

また、単勝1番人気に限れば、牡馬[1-1-1-1]、牝馬[1-1-0-3]。

穴馬としては、単勝4番人気以下の牝馬[4-1-3-33]単回収率100%超えとなっています。

馬年齢データ

  • 3歳 [0- 1- 1- 11]
  • 4歳 [7- 2- 1- 11]
  • 5歳 [2- 3- 4- 30]
  • 6歳 [0- 3- 3- 22]
  • 7歳以上 [0- 0- 0- 16]

4歳5歳で9勝と中心の存在の中、4歳馬が[7-2-1-11]勝率33.3%と好走。4歳馬で単勝2番人気以内であれば[4-2-1-3]とさらに好走しています。

7歳以上は[0-0-0-16]と苦戦。

騎手データ

3頭以上に騎乗した騎手を参考

  • 武豊 2- 1- 0- 2
  • 小牧太 2- 0- 0- 3
  • 幸英明 1- 1- 1- 6
  • 和田竜二 1- 1- 0- 4
  • 浜中俊 1- 0- 1- 6
  • 松若風馬 1- 0- 0- 3
  • 松山弘平 0- 2- 0- 4
  • 川田将雅 0- 1- 1- 1
  • 国分恭介 0- 0- 3- 2
  • 北村友一 0- 0- 1- 2
  • 藤岡康太 0- 0- 0- 3
  • 太宰啓介 0- 0- 0- 6
  • 国分優作 0- 0- 0- 5
  • 鮫島良太 0- 0- 0- 4
  • 川須栄彦 0- 0- 0- 4
  • 酒井学 0- 0- 0- 3

調教師データ

出走3頭以上の調教師を参考

  • (栗)小崎憲 [2- 0- 0- 4]
  • (栗)高橋亮 [1- 0- 0- 2]
  • (栗)藤原英昭 [0- 1- 0- 2]
  • (栗)川村禎彦 [0- 1- 0- 4]
  • (栗)荒川義之 [0- 1- 0- 4]
  • (栗)西園正都 [0- 0- 1- 4]
  • (栗)山内研二 [0- 0- 1- 2]
  • (栗)武田博 [0- 0- 1- 2]
  • (栗)高橋義忠 [0- 0- 0- 3]
  • (栗)音無秀孝 [0- 0- 0- 3]
  • (栗)角田晃一 [0- 0- 0- 3]
  • (栗)南井克巳 [0- 0- 0- 3]
  • (栗)作田誠二 [0- 0- 0- 3]

生産者データ

  • 社台ファーム [2- 1- 0- 3]
  • ノーザンファーム [1- 1- 0- 6]
  • ダーレー・ジャパン [0- 1- 1- 1]
  • 下河辺牧場 [0- 0- 0- 7]
  • 高昭牧場 [0- 0- 0- 4]
  • 富田牧場 [0- 0- 0- 3]

前走人気データ

  • 前走1人気 [1- 1- 0- 4]
  • 前走2人気 [4- 0- 1- 9]
  • 前走3人気 [0- 1- 0- 3]
  • 前走4人気 [1- 2- 0- 3]
  • 前走5人気 [0- 1- 0- 7]
  • 前走6~9人 [3- 3- 3- 25]
  • 前走10人~ [0- 1- 4- 39]

どこからでも勝ち負けが出来ている前走人気ですが、特に前走6番人気以下[3-4-7]は狙い目かなと思います。

前走着順データ

  • 前走1着 [1- 0- 0- 7]
  • 前走2着 [0- 2- 3- 5]
  • 前走3着 [1- 0- 1- 5]
  • 前走4着 [0- 1- 0- 5]
  • 前走5着 [2- 0- 0- 6]
  • 前走6~9着 [2- 4- 2- 25]
  • 前走10着~ [3- 2- 2- 37]

前走5着以下から7勝と半数以上の勝ち星。巻き返し可能なレースとなっています。

前走クラスデータ

  • 同クラス [6- 7- 9- 73]
  • 今走昇級戦 [1- 0- 0- 8]
  • 未勝利 [0- 0- 0- 1]
  • 1勝 [0- 0- 0- 3]
  • 2勝 [3- 1- 2- 18]
  • 3勝 [4- 6- 7- 61]
  • オープン特別 [1- 1- 0- 56]
  • G3 [1- 1- 0- 0]
  • G2 [0- 0- 0- 1]
  • G1 [0- 0- 0- 0]

同3クラス組が好走しており、単勝1番人気に限れば[1-2-1-1]、単勝4番人気も[2-2-1-4]と好走。

前走オープン特別組が多く出走していますが[1-1-0-56]と苦戦。

前走レースデータ

  • テレビユ1600 [1- 5- 1-16]
  • CBC賞HG3 [1- 1- 0- 0]
  • 豊明S1600 [1- 0- 1- 3]
  • 瀬田特H1000 [1- 0- 1- 0]
  • 皆生特H1000 [1- 0- 0- 1]
  • 水無月S1600 [1- 0- 0- 2]
  • 知多特別1000 [1- 0- 0- 0]
  • 谷川岳S [1- 0- 0- 0]
  • サンライ1600 [1- 0- 0- 0]
  • 西部日H1000 [0- 1- 0- 4]
  • 朱雀S1600 [0- 1- 0- 0]
  • マーガレ [0- 1- 0- 0]
  • 彦根S1600 [0- 0- 4- 3]
  • 1000万下 [0- 0- 1- 1]
  • 淀屋橋S1600 [0- 0- 1- 0]
  • 豊明SH1600 [0- 0- 0- 6]
  • 皆生特H・2勝 [0- 0- 0- 1]
  • 乙訓特別1000 [0- 0- 0- 1]
  • 水無月H・3勝 [0- 0- 0- 4]

前走テレビユー福島賞組が好走。単勝7番人気以下からも2頭が好走していますので、バーニングペスカ、ワールドフォーラブの抑えは必要でしょうか。

全体的には、どこからでも好走馬が出ていますので、広めの予想が中心になってきます。

佐世保ステークス2020予想

◎本命:複勝

ジュランビル

デビュー戦からファンタジーSを3着まで跨った和田騎手が前走から引き続きの騎乗ということに加え、小倉芝1200mは[2-0-0-0]と好走しており、

1000万クラスを勝ち上がった由布院特別では、タイム1:08.0と上々の時計で優勝。

小倉芝が得意なジュランビルにとっては臨戦態勢のようなレースかなと。

前走天満橋Sは初ダートで6着。内容からして芝コースが合うように見え度返し出来る1戦。

好走条件としては、4角3番手以内から抜け出す競馬で、今回は、先行勢が揃った中でも、テンの入りが速い馬ですから、スムーズに好位が取れるはず。あとは、抜け出すタイミングさえ間違わなければ問題なく好走出来ると考えています。

期待出来る1頭だと思います。

◎ジュランビル
○カレンモエ
▲ラフィングマッチ
△コウエイダリア
×アダムバローズ

馬連◎=○▲△×4点

[common_content id=”14902″] [common_content id=”14780″]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。