出走予定馬

関屋記念出走予定馬・注目馬評価/6歳でも新潟コースで期待したい1頭

関屋記念出走予定馬・注目馬評価を紹介します。

サマーマイルシリーズ第3弾関屋記念ということで、この時期に好走しやすい馬や、上がり馬、さらに復活を遂げたい馬など、各々の思惑が入り乱れる関屋記念

今年は、2017年の優勝馬プリモシーンが人気の中心になりそうですが、近走は切れ味不足でイマイチの結果ですから他馬に目が向くところです。

関屋記念2020注目馬考察では4頭を紹介していますが、その中でも新潟コースで前進が期待出来そうな6歳馬を中心に紹介しています。

京都大賞典的中情報!マカヒキ軸からズドーン!

京都大賞典は、まさかの9番人気から流して
ヒートオンビート2人気を軽視。
大外なら買い目にいれない!みたいな展開予測で180,510円的中!

スプリンターズSは 、
1番人気ダノンスマッシュ買い目にいれず。
ダノンスマッシュも外の方。
でもマカヒキからはいくとはお見事すぎです!

今週ステラヴェローチェは一列目なのか?!
そして朗報は菊花賞無料情報もあり!

◎無料予想戦績抜粋◎
鳴尾記念     8901%
阿武隈ステークス 10550%
越後ステークス  4689%
レパードステークス1604%
北九州記念    810%
新潟記念     2838%
キーンランドカップ6535%
※3連複BOX10点500円推奨

新サイト無料予想
6~9月・24レースの検証結果がこちら↓↓
払戻計2,466,100円/収支計+2,346,100円
(無料予想・集計表の画像)

無料情報が有料情報級なんです!

今週は、菊花賞の無料買い目を公開!

こちらからご確認ください↓↓
菊花賞2021予想はこちら
↑から無料メルマガ登録
確認メールきたらクリックしてログイン。
前日夜買い目は絶対見ておいてください(激推奨)

関屋記念2020予想オッズ

1 プリモシーン 3.0
2 クリノガウディー 4.8
3 サトノアーサー 5.0
4 グルーヴィット 7.1
5 アンドラステ 8.4
6 エントシャイデン 10.8
7 ミッキーブリランテ 17.9
8 アストラエンブレム 19.9
9 トロワゼトワル 24.8
10 ミラアイトーン 31.9
11 メイケイダイハード 48.0
12 ジャンダルム 53.9
13 プロディガルサン 69.2
14 ハーレムライン 94.2
15 メイショウグロッケ 132.5
16 ドーヴァー 166.2
17 ペプチドバンブー 251.9
18 ブラックムーン 251.9

関屋記念2020出走予定馬

  1. アストラエンブレム
  2. アンドラステ
  3. エントシャイデン
  4. クリノガウディー
  5. グルーヴィット
  6. サトノアーサー
  7. ジャンダルム
  8. トロワゼトワル
  9. ドーヴァー
  10. ハーレムライン
  11. ブラックムーン
  12. プリモシーン
  13. プロディガルサン
  14. ペプチドバンブー
  15. ミッキーブリランテ
  16. ミラアイトーン
  17. メイケイダイハード
  18. メイショウグロッケ

無料予想で勝ちたい人!菊花賞~天皇賞秋おすすめ
昨年から追いかけてますが・・・
クラシック戦線は現在5戦4勝!
そして天皇賞も現在3連勝中です♪
━━━━━━━━━━━━━━
【無料予想】菊花賞2020年
着順3-9-10(1,4,5人気)的中
3連複38.1倍×600円
獲得額:22,860円
回収率:423%
点数上手く絞り高回収率です!
━━━━━━━━━━━━━━
◎実際に無料で配信された買い目

天皇賞も現在3連勝中です!
・天皇賞春2020→67,500円/回収率1350%
・天皇賞秋2020→5,760円/回収率107%
・天皇賞春2021→6,120円/回収率128%

◎実際に無料で配信された買い目

樋口一葉1人が福沢諭吉3人に変わる瞬間は快感♪
先週のスプリンターズSはお見事でしたね!
軸馬選び&穴馬入れ込みが絶妙に上手なので
秋のG1戦線…勝ちたい人だけ見てください!

今週は菊花賞の無料買い目を公開!

こちらからご確認ください↓↓
今週の無料買い目はコチラ

関屋記念2020注目馬評価

プリモシーン

  • 生年月日2015年04月27日 (牝5歳)
  • 調教師/木村 哲也(美浦)
  • 通算成績/16戦4勝[4-3-1-8]
  • 主な勝鞍/2020’東京新聞杯

未勝利戦を勝ち上がってから14戦連続で重賞に出走して[3-2-1-8]と重賞3勝の成績で、その内の1勝が2018年の関屋記念。これが3歳での重賞制覇ですから、新潟コースへの適正は高いかなと。

前走ヴィクトリアMは、単勝2番人気に支持されるも8着に大敗。勝ち馬から1秒以上離されていますので力負けも否めませんが、

展開に泣きやすい脚質ですから、前が壁になり抜け出せない競馬だったことを考えれば、度返ししても良い競馬だったと思います。

それでも、近走の上がり3Fがイマイチ切れていない内容を見れば、ピークが過ぎた可能性もあります。ここは連下止まりの評価にしたい1頭です。

クリノガウディー

  • 生年月日/2016年03月17日 (牡4歳)
  • 調教師/藤沢 則雄(栗東)
  • 通算成績/14戦1勝[1-2-1-10]
  • 主な勝鞍/2018’サラ2歳新馬

大崩をしない変わりに決めて勝負い欠けるイメージが強いクリノガウディーですが、芝1600mに戻って巻き返しがあるかなと。

前走CBC賞は単勝1番人気に支持されるも12着に大敗。スプリント戦で勝ち馬から1秒以上離されたのは適正が無かったと個人的に解釈しており、

やはりクリノガウディーはマイル巧者なのかなと思っています。

ある程度時計がかかるレースを豊富なスタミナで先行抜け出し。これが必勝パターンですから、上がり3F勝負でどこまで通用するのか?といった不安もありますが、

斤量56キロに戻って、好走条件はある程度整ったように思います。

グルーヴィット

  • 生年月日2016年04月05日 (牡4歳)
  • 調教師/松永 幹夫(栗東)
  • 通算成績/10戦3勝[3-1-1-5]
  • 主な勝鞍/2019’トヨタ賞中京記念

3歳で中京記念を優勝するなど地力は確かで、マイル適正は十分にあると思っていたグルーヴィットも、古馬になってからは、1400m、1200mが合うようで、

得に前走京王杯スプリングカップは先行しながら最後まで走りきり3着に好走したのがその証拠で。

また、2走前高松宮記念が初のスプリント戦でも勝ち馬からコンマ3以内で6着に好走。上がり3F3位の末脚を見る限り、芝1400mまでが得意の距離になるのかなと。

今回のマイル戦は、上がり3F勝負になる可能性が高く、そうなれば、どこまで切れ味を出せるかが鍵で。そのあたりを考えても、連下止まりが妥当かなと思います。

ミラアイトーン

  • 生年月日2014年03月22日 (牡6歳)
  • 調教師/菊沢 隆徳(美浦)
  • 通算成績/16戦6勝[6-1-2-7]
  • 主な勝鞍/2019’鞍馬ステークス

個人的には、この新潟コースで弾けてくれそうなイメージが強いのがミラアイトーン。

3走前谷川岳Sは、逃げてスローペースを演出。新馬戦以来の逃げで好走出来たのはビックリしましたが、あのペースなら最後まで脚が出せることがわかったのは、予想をする側にとってもプラスだったと思います。

ミラアイトーンと言えば、芝1200mを4連勝して一気のオープン勝ちまでのぼり詰めた馬で、そのポテンシャルの高さは実証済み。

今回はマイル戦となりますが、トビの大きい同馬にとって広い新潟コースは歓迎の口で、ここでもきっちりと差す競馬に徹してくれるのであれば、軸馬として最適かなと。

新潟コースは脚をためて弾けてほしいですね。

【競馬単複】LINE限定『期待値の高い馬』公開中
サイトや無料メルマガでは、
過去データや展開予測での予想を公開していますが、

LINE限定公開では、
独自指数を朝オッズで照らし合わせた中から、
特に期待値の高い馬をLINEで公開しています。

基本的に日曜限定となっていますが、
期待値の高い馬が該当すれば、地方競馬なども公開しています。

友だち追加はこちら↓↓

馬単が良く当たる無料予想・キーランドカップで67200円獲得!

重賞&メイン無料予想~連勝中はココです↓
────────────────────────
直近無料公開買い目結果
セントウルS    8900円
札幌二歳S     14700円
キーンランドカップ67200円
札幌記念      10000円
稲妻ステークス   20200円
函館二歳S     35400円
エプソムカップ   89360円

9/15川崎1R 150200円獲得
8/04大井2R 109500円獲得
7/08川崎3R 276900円
的中率もいいですが 月1馬単跳ねまくります!
─────────────────
中央は重賞もOKですが 土曜からいいんです!
ケフェウスステークス 65600円獲得
最近圧巻は・・難解キーンランドカップ
67200円獲得はガチでした!!
気になる方は前夜無料公開なのでまずは買い目をチェック↓
平日地方厳選公開あり!

今週の無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

↑無料メルアド登録のみで即買い目が確認出来ます!
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。