白富士ステークス2020出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価/前走オクトーバーS組が中心

白富士ステークス2020の出走予定馬や予想オッズ・注目馬評価を紹介します。(2020年2月1日東京競馬4歳以上オープンリステッド競争/芝2000m)

出走予定メンバーを見るだけで、ワクワク感が半端なく、面白い顔ぶれが揃いそうで楽しみで仕方が無いですね。

個人的には、単勝6番人気以内の組み合わせで馬連20倍前後を小頭数で取れたら回収率も上がるなと皮算用をしながら予想をしているのですが甘いでしょうか。

メンバー的に重賞では物足りない中、オープン特別であれば勝ち負けが出来る。そんな馬が揃いそうですから枠順の発表が待ち遠しいです。

人気の中心は、トリコロールブルーにフランツ。ダイワギャグニーといった東京2000m芝好走経験のある3頭が上位かなと。

他にも走って来そうな馬が多数いますので、注目馬評価として紹介していきます。

◎2週連続の万馬券的中で21万獲得の無料予想!

◎10月総額【49,621,960円】獲得!
◎シリウスS+神戸新聞杯を3連複10点で254倍、190.2倍を2週連続的中!

■シリウスS+神戸新聞杯無料買い目

■中京11RシリウスS
3連複2-3-15
254倍×500円=127000円
回収率2540%
プラス12万2000円!

■中京11R神戸新聞杯
3連複2-5-18
190.2倍×500円=95,100円
回収率1902%
プラス9万円!

神戸新聞杯とシリウスSの無料予想で計21万円を獲得は本当に稼がしてもらいました。

夏からずーっと好調の競馬学会が先週の東スポ2歳Sも的中!

■東京スポーツ杯2歳S無料買い目

1着3ダノンザキッド①番人気
2着2タイトルホルダー⑤番人気
3着10ジュンブルースカイ③番人気
3連複21.7倍×500円=1万850円獲得
回収率217%

今週は京都2歳Sとジャパンカップの無料予想を公開!

昨年のジャパンカップもきっちりと的中!

2週連続で万馬券を的中させた競馬学会の無料買い目は、闇雲に穴を狙った買い目ではなく、本命3頭+穴2頭といった中配当から高配当まで狙ったバランスの良い買い目です。

ですから、シリウスS万馬券254倍から、先週の東スポ杯2歳Sの21.7倍まで無理なく取れています。

初めて参考にされる方は、土曜重賞もいい感じにきてるので現在公開中の京都2歳Sからチェックしてみてください。スマホで簡単に見れます。

↑上記から競馬学会のHPへ。【無料】フォームから無料メルアド登録のみでジャパンカップの無料買い目が即確認出来ます!

白富士ステークス2020最終予想

トリコロールブルーがまさかの回避で予想の練り直しも、個人的には大混戦のレース。その中でも枠順と各馬の出方をイメージして出した本命が5歳牡馬。

[getpost id=”10111″]

白富士ステークス2020出走予定馬

馬名 性齢 毛色 斤量 騎手
アイスストーム 牡5 鹿 56.0
アンコールプリュ 牝5 黒鹿 54.0
インビジブルレイズ 牡6 鹿 56.0
ウインオスカー 牡7 鹿 57.0
エンジニア 牡7 鹿 56.0
カヴァル 牡5 青鹿 56.0
ゴーフォザサミット 牡5 黒鹿 57.0
サトノフェイバー 牡5 黒鹿 56.0
サトノワルキューレ 牝5 鹿 55.0
(外)スウィングビート 牡5 鹿 56.0
ダイワキャグニー 牡6 黒鹿 58.0
トリコロールブルー 牡6 青鹿 56.0
ドミナートゥス 牡5 黒鹿 56.0
フランツ 牡5 鹿 56.0
ブレスジャーニー 牡6 鹿 56.0
プロディガルサン 牡7 鹿 56.0
マイネルサーパス 牡4 黒鹿 56.0
マイネルハニー 牡7 鹿 58.0
ミライヘノツバサ 牡7 56.0
レッドガラン 牡5 鹿 56.0
ロワアブソリュー 牡7 鹿 57.0
ロードヴァンドール 牡7 57.0

白富士ステークス2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 ロードヴァンドール 牡7 57.0 横山和 [栗]昆貢
2 2 ダイワキャグニー 牡6 58.0 内田博 [美]菊沢隆
3 3 カヴァル 牡5 56.0 津村明 [美]勢司和
3 4 ドミナートゥス 牡5 56.0 大野拓 [栗]宮本博
4 5 ゴーフォザサミット 牡5 57.0 北村宏 [美]藤沢和
4 6 マイネルハニー 牡7 58.0 石橋脩 [美]栗田徹
5 7 サトノワルキューレ 牝5 55.0 石川裕 [栗]角居勝
5 8 インビジブルレイズ 牡6 56.0 Oマー [栗]吉村圭
6 9 レッドガラン 牡5 56.0 Mデム [栗]安田隆
6 10 ミライヘノツバサ 牡7 56.0 木幡巧 [美]伊藤大
7 11 フランツ 牡5 56.0 Cルメ [栗]音無秀
7 12 マイネルサーパス 牡4 56.0 丹内祐 [美]高木登
8 13 エンジニア 牡7 56.0 田辺裕 [美]牧光二
8 14 アイスストーム 牡5 56.0 武豊 [栗]吉村圭

白富士ステークス2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

根岸ステークス2020やシルクロードステークス2020関連記事

[getpost id=”10091″][getpost id=”10052″][getpost id=”10008″][getpost id=”9964″][getpost id=”9939″]

白富士ステークス2020出走予定注目馬評価

フランツ

生年月日 2015年02月05日 (牡5歳)
調教師 音無 秀孝(栗東)
馬主  近藤 英子
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 7321万4000円
通算成績 9戦4勝[4-2-0-3]
主な勝鞍 19’むらさき賞
ディープインパクト
ロベルタ
系統 サンデーサイレンス系

これまで9戦して単勝3番人気以外になったことがなく、結果も京都新聞杯以外は安定した走り。

タイプ的には、1800mか2000mを中心に走って来ており、上がり勝負が得意な馬。また極端なスローペースでの上がり勝負に良績が偏っているわけではなく、ミドルペースでもしっかりと上がりを使えていますので、高速馬場でも重い馬場でも両方走れるタイプです。

前走アンドロメダSは、オープンクラス2戦目のリステッド競争で、重賞では力が足りない分、自己条件なら十分に走れるところ見せ、36.3 – 35.5のミドルペースを上がり3F34.6は、好内容でした。

今回、開幕週の東京芝2000mということもあり、瞬発力勝負をイメージしそうですが白富士ステークス自体は、意外と時計のかかるレースで、4角6番手以内の先行差しが有利なコース。

馬場状態は合いますが、前走のように後方からになると差し届かずもありますので、フランツにとっては良い条件である白富士ステークスでは、少し前での競馬というのが条件になってくるでしょうか。

ダイワギャグニー

生年月日 2014年02月25日 (牡6歳)
調教師 菊沢 隆徳(美浦)
馬主  大城 敬三
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 1億6907万7000円
通算成績 20戦7勝[7-0-2-11]
主な勝鞍 19’オクトーバーS
キングカメハメハ
トリプレックス
系統 Mr. Prospector系

2走前のオクトーバーSは、個人的に軽視をしましたが「東京はやっぱり走るよね」という結果が頭から離れないでいますからかなり面倒な1頭で。

3歳ダービートライアルのプリンシパルSが1:58.3秒で1着。この時計は3歳にして古馬重賞の平均より上のタイムですから、いかに東京芝2000mの適正が高いかということがわかります。

それは古馬になってからも前走オクトーバーSが1:59.2秒ですからやはりこの距離は得意。

ただし、開催日が進んだ5日目以降の成績が良く、開幕週の馬場への適正力があるかどうかは少し不安かなと。 それでも実績は最上位ですから期待出来る1頭だと思います。

ゴーフォザサミット

生年月日 2015年04月02日 (牡5歳)
調教師 藤沢 和雄(美浦)
馬主 山本 英俊
生産者 矢野牧場
中央獲得賞金 9625万6000円
通算成績 15戦3勝[3-0-0-12]
主な勝鞍 18’テレビ東京杯青葉賞
ハーツクライ
ラグジャリー
系統 サンデーサイレンス系

青葉賞を優勝してから脚質傾向が定まらず、厳しい戦いが多いゴーフォザサミット。

デビューから3戦は先行脚質でしたが共同通信杯4着から差し~追い込み脚質となり、それが青葉賞でまた少し前での競馬ですから、なかなか厳しい状態かなと。

個人的には、先行して長く良い脚を使うタイプだと考えていますので、石橋脩騎手が乗れば、最後まで追ってくれると思うだけに今回の騎乗がポイントになると考えています。

そして石橋脩騎手が跨った全4レースはすべてG2で、勝ち馬からコンマ7秒以内にまとめてありますので完全な力負けではなく、今回はオープン特別に出走という部分では巻き返しがあってもいい1頭かなと。

そんな見立てですね。

トリコロールブルー

生年月日 2014年04月08日 (牡6歳)
調教師 友道 康夫(栗東)
馬主 有限会社 シルクレーシング
生産者 ノーザンファーム
中央獲得賞金 1億3772万4000円
通算成績 18戦5勝[5-4-3-6]
主な勝鞍 18’大阪城ステークス
系統 サンデーサイレンス系

血統背景から見ても、そろそろ重賞を勝ってもおかしくないように思うトリコロールブルー。

重賞戦線では少し力が足りない印象もオープン特別であれば、これほど安定感のある馬はいないかなと。

東京芝2000mは[1-2-0-0]の成績で、2走前オクトーバーSが1:59.2秒の2着。1着ダイワギャグニーとはタイム差無しの2着ですから好内容だったかなと。

先行して上がり3F3位も立派で、昨年の白富士Sも好走していますから、ここは軸候補になるでしょうね。

今回が叩き3戦目。ここで勝って春の大一番に備えたいところ。それくらいの実力はあると見ています。

レッドガラン

生年月日 2015年03月11日 (牡5歳)
調教師 安田 隆行(栗東)
馬主 株式会社 東京ホースレーシング
生産者 社台ファーム
中央獲得賞金 5083万9000円
通算成績 8戦4勝[4-1-0-3]
主な勝鞍 19’逆瀬川ステークス
ロードカナロア
ダンスオンザルーフ
系統 Mr. Prospector系

今回が初の芝2000m戦に加え、初の東京コース。

父ロードカナロア産駒ということで距離適性の部分がどうかも、東京コースなら少し後ろで脚をためることが出来ますので、仮に1800mまでの馬だったとしても東京2000mまでなら十分に持つかなと。

前走逆瀬川Sは、スローペースを上がり3F3位で差して1着と、この馬本来の得意なパターンで勝ったレース。全体的に4角6番手以下からナタのような切れ味で徐々に差すタイプですから、時計のかかる馬場は歓迎の口。

ですから、今回も展開さえ向けば、好走する可能性は十分にあると考えています。

[common_content id=”9804″]
タイトルとURLをコピーしました