中央競馬最終予想

高砂特別2019予想オッズや過去データ/ピアシックと一緒に差して来る3歳が狙い目

高砂特別2019の予想オッズや過去データ傾向を紹介します。(2019年12月15日阪神競馬3歳上1000万下ダート1200m)

定量戦でも人気薄が好走しており、中でも3歳牝馬が好走。

ミドルペース以上になりやすい分、京都平坦コースと違って差し届くコース形体も基本は逃げ先行馬。

過去データや展開、前走内容などから今回も馬券を組み立てています。

高砂特別2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

高砂特別2019予想

これといった逃げ馬がいない中でも先行勢が揃ったことでミドルペース以上を想定。

過去データでは、逃げ先行馬が優秀で、特に3歳牝馬斤量54キロが2年連続で1着。人気不問というのが個人的には嬉しい限りで、軸はここから入っていこうかなと。

ミドルペース以上になれば、逃げ先行馬だけで決着することは無いと踏んでいるだけに差し馬にも注意が必要で、非常に難しい1戦。

ゴール前のどさくさに紛れて団子状態の人気薄が2着。なんてことが普通にある1000万下ダート1200m戦。紐は手広く行きたいところです。

本命◎:複勝

ゴッドバンブルビー

考えることはみんな同じで、3歳牝馬54キロのパラーティウムが単勝2番人気。単勝1番人気が3歳牡馬のピアシックで阪神1200mダートで1:11秒台を出しているだけに妥当のオッズ。

個人的には、ピアシックの前走1000万下クラス組が馬券になりそうで、今回はゴッドバンブルビーを狙って見ようかなと。

差し追込み脚質でも前走はピアシックと同じ位置取りから上がってコンマ5秒の上がり3F3位で7着。切れ負けしたのは否めない内容ですが今回はスムーズに大外を強襲出来そうな6枠12番ですから狙い目十分。

ミドルペース以上でもハイペースもありますから最後の最後に届く可能性は十分。

今回は騎手が大幅強化で上手く立ち回ってくれるはず。期待したいですね。

◎ゴッドバンブルビー
◯ピアシック
▲パラーティウム
△ロングベスト
×カモンスプリング

[ad]

高砂特別過去データ傾向分析

  1. 単勝1番人気[2-0-1-2]
  2. 単勝2番人気[2-0-1-2]
  3. 単勝3番人気[0-0-0-5]
  4. 単勝1番2番人気で4勝も紐は単勝6番人気以下の人気薄が絡みやすいレース
  5. 3歳[4-1-1-14]
  6. 4歳[0-3-3-20]
  7. 5歳[1-1-0-18]
  8. 6歳[0-1-0-8]
  9. 7歳以上[0-0-0-3]
  10. 3歳が4勝と好走。軸は3歳から妥当も紐は人気薄の4歳5歳が狙い目
  11. 関東[0-0-1-8]
  12. 関西[5-6-3-53]
  13. 完全な西高東低の結果
  14. 牡馬[2-6-4-38]
  15. 牝馬[3-0-0-18]
  16. セン馬[0-0-0-7]
  17. 牡馬有利も数字面は牝馬も互角
  18. 逃げ[0-3-0-2]
  19. 先行[4-1-3-9]
  20. 差し[0-2-1-27]
  21. 追い込み[1-0-0-25]
  22. 逃げ先行馬が有利で特に先行馬で4勝

定量戦のダート1200mということで斤量が軽くなる3歳が好走しているのは頷ける数字。現在3歳牝馬が2年連続1着となっており、牝馬54キロの斤量が優勢。

また、4角3番手以内の逃げ先行馬だったことを考えれば、人気不問で3歳牝馬の逃げ先行馬と言うだけでチェックは必至。

該当馬は、ゴッドバンブルビーパラーティウムの2頭。

紐馬は人気薄が多く、定量戦でもダート1200m1000万クラスという部分で手広く押さえるのが得策。特に7枠8枠の人気薄で先行馬はチェックが必要。

前走平場1000万下組が有利で着順不問。中4週以内がすべて馬券になっており、休養明け初戦や間隔のあいた馬は割引が必要。

やはり前走4角3番手以内だった馬の好走が目立ち、逃げ先行馬が軸の狙い目脚質。

前走距離は、1400m1200mが好走しており極端な距離短縮は苦戦傾向。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。