東京スポーツ杯2歳ステークス2019の予想オッズや過去データ傾向/前走圧勝馬が狙い目

東京スポーツ杯2歳S2019の予想を中心に予想オッズや過去データ傾向、展開予測を紹介します。(2019年11月16日土曜日/東京競馬場11R第24回東京スポーツ杯2歳ステークス/2歳オープンG3/芝1,800m)

足立です。

ツイッターで中央競馬や地方競馬の軸馬・穴馬を公開していますのでよかったら⇒@足立

来春のクラシック戦線で活躍するための登竜門的な東京スポーツ杯2歳ステークス。

過去優勝馬や好走馬には、ニシノデイジーやワグネリアン。スワーブリチャードにイスラボニータ。さらにディープブリランテなど。

後のG1馬がこのレースで好走をしています。

今年は、例年と違い少頭数でのレース。

そうなると展開どうこうではなく完全に力の勝負になってきますので、前走内容や過去データ傾向を中心に予想に入っていきます。

東京スポーツ杯2歳ステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

東京スポーツ杯2歳ステークス2019枠順

 
枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 ラインベック 牡2 55.0 W.ビュイック
2 2 リグージェ 牡2 55.0 O.マーフィー
3 3 オーロラフラッシュ 牝2 54.0 C.ルメール
4 4 ゼンノジャスタ 牡2 55.0 田中 健
5 5 アルジャンナ 牡2 55.0 川田 将雅
6 6 コントレイル 牡2 55.0 R.ムーア
7 7 ソウルトレイン 牡2 55.0 石橋 脩
8 8 マイネルデステリョ 牡2 55.0 津村 明秀

展開予測

これといった逃げ馬がいない中、少頭数8頭立てということもあり、スローペースが濃厚かなと。

スローペースといっても超スローペースで最後は上がり3F勝負になることは必至。

逃げるというか、前走ラップから見て早め先頭にたつのは、コントレイル。たぶん3角過ぎたころにはその競馬っぷりから必然と先頭に躍り出ると予測。

馬群自体は、凝縮され最後は直線での攻防戦。

東京スポーツ杯2歳ステークス2019予想

今年は、3強のような人気オッズで、中でも2勝馬ラインベックが中心。

データで言えば、前走オープンをコンマ3秒差以上で優勝した馬が[2-0-0-0]と好走しており、それなりに実績を見ないといけないかなと。

また、前走阪神1800m新馬戦を圧勝したコントレイルも内容だけを切り取れば、ラインベックと同等かそれ以上に見える走りでしたね。

本命◎:単勝

コントレイル

調教師/矢作 芳人(栗東)
馬主/前田 晋二
生産者/産地/株式会社 ノースヒルズ/新冠町
中央獲得賞金700万0000円
通算成績1戦1勝[1-0-0-0] 主な勝鞍19’サラ2歳新馬
父ディープインパクト
母ロードクロサイト

↓ピンクの帽子9番がコントレイル

競馬素人でも玄人でも前走阪神1800m新競馬の内容と道中のラップを見れば、この馬がいかに強い内容で1着になったかがわかるようなレース。

スタートが良く、行き脚もスムーズで2番手をキープ。

3角手前から楽な手応えで上がればノーステッキでグングン加速。

ラスト3Fが11.6-10.7-11.4で上がり3F33.5。

最後は流す余裕があるほどの完勝でしたね。

この馬、かなり強いですよ。

色々書くことがあるかなって思いましたが、前走内容だけで十分かなと。

ラインベックの新馬戦と中京2歳Sのタイムを見ると、そこまで強い内容で勝ったわけではないことがわかりますので、このままラインベックが人気を吸ってくれれば良いかなと。

ここは、コントレイルの圧勝を予測。

<<参考印>>

◎コントレイル
◯アルジャンナ
▲リグージェ
△ゼンノジャスタ
×オーロラフラッシュ

放牧明け初戦のラインベックは良くて4着止まりを想定。

東京スポーツ杯2歳ステークス過去データ傾向

過去10年の結果を参考に、特に重要なデータを紹介します。

  1. 連対馬20頭中16頭が芝1800mか芝2000mで勝利。残る4頭は、1600m勝ち
  2. デビュー戦から一度でも5着以下を経験した馬は[0-0-1-34]と苦戦
  3. 17頭の連対馬が前走1着
  4. 単勝1番人気[5-1-1-3]3着内率60%とやや安定感にかける走り
  5. 前走4角4番手以内が優秀
  6. サンデーサイレンス系が優秀
  7. 関西、関東互角

競馬本!展開理論を覚えるなら迷わずおすすめ出来るベスト3

【1位】競馬で勝ち続ける1%の人になる方法

展開理論を覚えたい方にはおすすめの良書です。
特に注目したいのは「馬場と展開についての解説」と「データの見方の解説」の2点。
スローペースになるか、ハイペースになるかを出走表から予測するための解説がされており、初心者でも何度か練習をすれば展開予測が出来るはずです。

また、「データの見方の解説」に至っては、◯◯距離+コースなら回収率100%を越えるといったデータのみの公開は一般的に良く見られる情報ですが、それが正しいかどうかの見方についても解説しているのが他の競馬本とは一線を画する内容です。

展開理論で予想をして、その馬が展開予測通りに走り1着でゴールする。
競馬予想の醍醐味を十分に楽しめる。そんな1冊に仕上がっています。

【2位】馬券術_人間の条件—「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」

私が展開理論で競馬予想をするきっかけとなった伝説の競馬書籍です。

競馬予想をする上で、馬主と厩舎の関係。騎手と馬主との関係。厩舎と騎手との関係といった「人」を見た予想は、ごく当たり前になっていますが20年前までは「人」を見た競馬予想は確立されていませんでした。
そういった時代に突如現れたのが「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」という予想。

当時の競馬予想に革命的な理論を叩き出し、一躍その「人を見る競馬理論」が一世を風靡しました。
内容は当時のデータなどを掲載しながらの解説になっていますので現在は使えないですが、その理論は今なお健在。
私もこの1冊に出会ってから的中率や回収率が飛躍的に伸びたのを今でも鮮明に記憶しています。
中古でしか手に入らないですが一読価値は十分にあります。

【3位】1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

競走馬は、コースや距離によって好走出来るタイプが異なってきます。その異なる部分を見極めるためには何をどうすれば良いのか?という所にフォーカスし「血統と馬体を見れば特徴が分かる」という独自の観点を解説した内容です。
「距離短縮」で走るのか?「距離延長」で走るのか?などを種牡馬別に具体的に例題を出しながら解説しています。
作者である双馬毅が某キャッシングの5万円を原資に馬券生活をスタートし、わずか数年で1000万単位で勝つまでになった双馬毅の核となる理論。
主要種牡馬&クセの強い種牡馬だけをピックアップした、最も馬券に直結する種牡馬事典と言っても過言ではありません

タイトルとURLをコピーしました