スポンサーリンク

内房ステークス2020予想や過去データ傾向・昇級初戦でも好枠を活かす競馬で勝ち負け

内房ステークス2020予想や買い目・過去データ傾向を紹介します。

内房ステークス2020過去10年の結果データ傾向(人気・枠順・血統・馬体重・前走距離・前走レース・前走場所・前走クラス・前走人気・脚質・生産者・調教師・騎手・種牡馬)から厳選したデータを分析。予想を紹介します。

内房ステークス2020枠順

枠番 馬番 馬名 性齢 斤量 騎手
1 1 エスト 牝4 55.0 三浦 皇成
1 2 ローザノワール 牝4 55.0 石橋 脩
2 3 カフジジュピター 牡4 57.0 石川 裕紀人
2 4 メダリオンモチーフ 牝5 55.0 内田 博幸
3 5 マイネルアンファン 牡5 57.0 柴田 大知
3 6 シホノフォルテ 牡4 57.0 C.ルメール
4 7 エンダウメント 牡4 57.0 津村 明秀
4 8 サトノグラン 騸6 57.0 柴田 善臣
5 9 スーパーライナー 牡7 57.0 武藤 雅
5 10 ラレータ 牡6 57.0 菅原 明良
6 11 キャンディスイート 牝4 55.0 横山 典弘
6 12 グラスブルース 牡6 57.0 木幡 巧也
7 13 ジュンスターホース 牡6 57.0 丹内 祐次
7 14 サトノディード 騸5 57.0 北村 宏司
8 15 カナシバリ 牝4 55.0 江田 照男
8 16 ラージヒル 牡4 57.0 丸山 元気

内房ステークス2020過去データ傾向分析

下総ステークスを参考にしています。

単勝人気データ

 

枠順データ

間隔データ

脚質データ

馬体重データ

騎手データ

前走人気データ

内房ステークス2020予想

◎本命・複勝

エスト

3勝クラスのフルゲートに中山ダート1800m。

もう荒れる要素しか無いような条件に加え、重馬場のレースになりそうで。

そうなれば、ペースが速くなっても、小回りコースですから前が止まらない展開を想定しており、その中でも距離ロスや先団をスムーズに取れそうな1枠は願ったり叶ったり。

さらに2枠3枠の逃げ馬がレースを引っ張ってくれるなら、競馬が一番やりやすいメリットも。

ここ3戦はデビュー戦以来のダートで好走しており、前走ポプラ特別は、ハイペースを先行して抜け出す競馬で1着。タイム以上に内容がよく、昇級初戦のここでも十分に走れるレースだったと思います。

芝ダート合わせても初の中山コースですが、前走札幌で好走しているように小回りコースは問題なく、中山の最後の坂道があるおかげでこの馬に勝機が訪れる。そんなイメージです。

馬連は久々の多点張りで、何が来ても良いように。

◎1番エスト
○11番キャンディスイート
▲6番シホノフォルテ
△2番ローザノワール
△3番カフジジュピター
×4番メダリオンモチーフ
×15番カナシバリ
×16番ラージヒル

馬連◎○=◎○▲△△×××13点

[common_content id=”15869″] [common_content id=”15549″]
タイトルとURLをコピーしました