競馬ニュース

名牝ウオッカがアイルランド繋養先で蹄葉炎で死す/ショックがデカすぎます

牝馬として64年ぶりにダービーを制すなど、G17勝を挙げたウオッカが、蹄葉炎のため1日に死んでいたことが3日明らかになりました。15歳でした。

現役引退後は繁殖牝馬としてアイルランドで繋養されていたが、2月23日から英国ニューマーケット近郊の牧場に移動。3月10日の早朝、スタッフが馬房内で右後肢の異変に気付き、病院に搬送されたという。その後は右後肢第3指骨粉砕骨折が認められ、手術を行うなど回復に向けての処置が続けられたものの、両後肢に蹄葉炎が発症。回復の見込みがなくなったことから、1日の午後に安楽死処分となった。

武豊騎手のコメント

「僕にとって大変思い出深い馬でした。名馬と呼ぶにふさわしい馬だと思います。ファンの多い馬でしたし、本当に残念なニュースです。ご冥福をお祈りします」

引用先:netkeiba.com

ウオッカ

生年月日 2004年04月04日(牝15歳)
毛色鹿毛
調教師角居 勝彦(栗東)
馬主谷水 雄三
生産者/産地カントリー牧場/静内町
中央獲得賞金13億0487万6000円
通算成績 26戦10勝[10-5-3-8] 主な勝鞍 08’天皇賞(秋)
兄弟馬タニノタキシード、ラテラルアーク
系統Roberto系

重賞も平場も強い無料予想・今週はクイーンSを無料公開!

◎2020年G1無料予想は何と!+169,490円獲得!
◎2021年春G1無料予想も10戦5勝!

無料競馬予想で1番おすすめ出来る競馬サイトです!

■日本ダービー→26,400円/489%
■NHKマイルC→10,620円/186%
■天皇賞春→6,120円/128%
■桜花賞→10,640円/222%
■高松宮記念→8,800円/183%

もちろん、G1以外の重賞無料予想も好調で、
特にエプソムカップと京王杯SCはのダブル万馬券的中は激アツでした!

■エプソムカップ
3連複130.9倍×300円=39,270円回収率689%

京王杯SCでは、8番人気カイザーミノル、10番人気トゥラヴェスーラを入れて167.4倍×400円=66,960円的中と、ここの無料買い目は、的確でありながら高配当が見込める、

有料情報以上の精度と回収率です!

週末の無料予想は、重賞中心ですからライトユーザーにもお勧めです。

クイーンSの無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

クイーンSの無料買い目はコチラ

↑無料メール登録のみで即買い目が確認出来ます。また、Google・yahooのSNSアカウントでも簡単に登録できます。

蹄葉炎(ていようえん)とは?

馬のの内部は血管が発達しているが、体重が重いこと、心臓から遠い体の末端に位置することなどから心臓のポンプ作用をもってしても血液が充分に行きとどかない。

これを補っているのが蹄機(歩行の際、の負重免重が繰り返され、一種のポンプとして動き、血行を促進する)であるが、肢に故障を発症し、動けずに他の肢で長時間負重し続けると、の内部の血液循環が阻害され、の内部に炎症が起こり激しい疼痛を発する。

これが蹄葉炎である。馬は体重が重いため、病勢の進行を止めることは難しく、重症にいたると予後不良となることが多い。

引用先:.jra.go.jp

昨年万馬券的中の感動をもう1度!!
クイ-ンSの攻略法を公開

今週日曜日、函館競馬場では古馬牝馬の重賞のクイーンSが開催!

◆クイーンS過去10年平均配当
単勝1186円
馬連4509円
3連単86317円

過去10年1番人気は着外1頭のみですが2番人気以下は横並びで、人気馬同士の決着は1度しかないので、11番人気くらいまでの紐荒れには注意です。

ただし、人気薄が絡みやすいのはわかっていても、紐馬を絞るのは至難の技。

そこでぜひチェックして欲しいのがうまとみらいとの馬コラボ指数
クイーンSは昨年は3連単153.700円の大的中でした↓↓


【2020年クイーンS】
1着レッドアネモス  (11番人気)
2着ビーチサンバ   (4番人気)
3着スカーレットカラー(1番人気)
3連単153.700円

ポイントは赤文字指数の穴馬を上手に取り込む事。

昨年11番人気で穴を開けたレッドアネモスのように、人気よりも指数順の高い馬を狙へば、点数も絞れて高確率で高配当が見込めます。

今週はクイーンS他24Rの指数を無料開放!!
2年連続万馬券的中を目指しましょう!!

↓↓無料指数はこちら↓↓

カンタン1分!無料メルアド登録はこちらから

登録に必要なのはメールアドレスのみ!名前も住所も必要ありません。
「ezweb」及び「icloud」は登録できない場合があるのでyahoo,gmailなどがおススメです。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。