地方競馬最終予想

浦和桜花賞2021予想|過去傾向分析・枠順の利を活かした競馬が明暗を分ける

浦和桜花賞2021予想|過去データ傾向(枠順・脚質・人気・前走)などの分析を紹介します。2021年3月31日浦和競馬第11R第67回桜花賞3歳牝馬オープン/ダート1600m

浦和桜花賞2021枠順

ユングフラウ賞上位3頭が揃って好枠である内枠を引き、大混戦は必至。

今年は、逃げ馬が複数頭揃ったことでハイペースもありえる展開を予測しており、そうなればケラススヴィアの走りに影響が出る可能性も。

過去9年、4角2番手以内通過が[7-5-0-6]と圧勝していますので、ハイペースになったとしても最後まで脚を伸ばせる馬。これが好走するイメージですね。

無料地方競馬好調!先日の東京スプリント的中!

東京スプリント:ワイド4.5倍×3500円=15,750円獲得
資金分配OKで回収率315%!
無料買い目画像がコチラ↓

地方重賞⇒連勝街道!
◎大井金盃ワイド2.9倍×3,500円=10,150円/回収率203%
◎佐賀記念ワイド2.4倍×3,500円=8,400円/回収率168%
◎川崎記念ワイドダブル的中4.1倍/2.4倍×5000円=14,550円/回収率291%

わずか2点で回収率160%~300%以上と、地方交流重賞で手堅く勝ちに拘るならここの無料買い目が1番です!

地方競馬の無料買い目はコチラ

↑上記フォーム内にある【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認出来ます。

浦和桜花賞2021過去データ傾向分析

浦和桜花賞過去9年のデータ分析になります。

単勝人気

【好走データ】単勝6番人気以内[9-9-8-27]

【苦戦データ】単勝7番人気以下

3着以内27頭中26頭が単勝6番人気以内で、2着以内全頭が該当。その中で単勝1番人気[3-0-3-3]勝率33%3着内率66.7%とまずまずの成績。

勝数トップは単勝3番人気で[4-1-0-4]。上位人気馬が強く、予想の中心は単勝6番人気以内となっています。

枠順データ

【好走データ】1枠2枠3枠4枠5枠

【苦戦データ】7枠8枠

全体的には、1枠2枠3枠4枠5枠が好走しており、特に1枠[3-1-1-4]勝率33.3%、3枠[3-1-1-4]勝率33.3%3着内率55.6%と、1枠3枠が優秀な結果です。

7枠8枠が極端に苦戦しており[0-0-1-34]。

脚質データ

【好走データ】逃げ、先行

【苦戦データ】追い込み

3着以内27頭中18頭が逃げ先行馬で8勝。完全に前が有利な結果です。また、差し馬は3着6頭と勝ち負け出来ない結果も3連系なら好走している結果です。

追い込み馬[0-1-0-24]苦戦。

4角通過データ

【好走データ】4角2番手以内

【苦戦データ】4角7番手以下

4角2番手以内[7-5-0-6]と好走しており中心。特に4角1番手は5勝を挙げており、いかに4角手前までに前につけていられるかが好走のポイントです。

4角7番手以下[0-0-1-39]と苦戦しています。

所属データ

【好走データ】南関勢

騎手データ

血統データ

前走クラスデータ

【好走データ】前走地方OPクラス

前走距離データ

【好走データ】前走1400m

前走レースデータ

【好走データ】前走ユングフラウ賞

前走ユングフラウ賞組が圧勝しており中心の存在。前走ユングフラウ賞であれば、前走人気は不問ですが、勝ち馬は4着以内。連対以上は5着以内の結果です。

今年は、

ウワサノシブコ
グロリオーソ
ケラススヴィア
プレストレジーナ
アイカプチーノ

この5頭が該当しており、この5頭の着順決めのようなレースになる可能性は大きいです。

前走単勝人気データ

前走単勝11番人気以内が好走

前走着順データ

【好走データ】前走4着以内

【苦戦データ】前走6着以下

浦和桜花賞2021過去データ傾向分析 まとめ

好走データ

  1. 単勝6番人気以内
  2. 1枠2枠3枠4枠5枠
  3. 逃げ、先行
  4. 4角2番手以内
  5. 南関勢
  6. 前走地方OPクラス
  7. 前走1400m
  8. 前走ユングフラウ賞
  9. 前走単勝11番人気以内
  10. 前走4着以内

苦戦データ

  1. 単勝7番人気以下
  2. 7枠8枠
  3. 追い込み
  4. 4角7番手以下
  5. 前走6着以下

浦和桜花賞2021予想

前走ユングフラウ賞組が非常に強く、今年もここから勝ち負けが出来る2頭が出てくるかなと。

特にユングフラウ賞で4角4番手以内通過は[6-5-2-10]と好走しており、ウワサノシブコ、グロリオーソ、ケラススヴィアの3頭が狙い目。

また、この3頭共に勝ち負けコンマ1秒以内の決着となっており、力関係は五分と見て良い3頭。

展開は、ハナに立ちたい馬と、立てればの馬など、逃げ経験馬が複数頭いますが、スタート次第ではケラススヴィアがハナへ。

そうなれば、ミドルペース以上となり、逃げ経験馬の絡みによってはハイペースもある中、最後は地力同士の戦いになる。展開の利があれば、4角4番手以下からの抜け出しが決まる。そんなイメージが強いです。

ウワサノシブコ

展開面を考慮して狙ってみたいのが ウワサノシブコ。

確かにケラススヴィアは強いと思いますが、これだけ逃げ経験馬が揃った中でハナを取ったとしても最後まで脚を伸ばせるスタミナがあるかどうか。

それなら前走で見せた長く続く切れ味と先行力なら今回の展開にハマる可能性は十分。前走ユングフラウ賞は馬なりで先団をキープしながら、

ペースが速くなる勝負どころでも置いていかれることなく、むしろ自分から進出しての競馬。

今回は1枠を引いた恩恵も考慮すれば、大崩はないと見ています。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。