中央競馬最終予想

山藤賞予想や過去データ傾向/距離短縮に鞍上強化で狙い目十分サペラヴィ

レース当日が雨予報で馬場状態を考慮すれば、重馬場以上を苦にしないタイプに、スローペースの上がり勝負となりやすい山藤賞なら、前有利も視野に入れないといけないレース。

人気の中心は、良血馬セントオブゴールド。前走太め残りの中3着に好走。引き続き鞍上がルメール騎手となれば、期待出来る1頭となりますが、初の中山コースに出遅れクセがどうか?

このあたりが予想のポイントになってきそうです。

2020年無料予想実績No.1サイト!

2020年G1無料予想+169,490円獲得!

昨年の有馬記念&ホープフルSダブル的中に加え、
2021年中山金杯で183倍的中です!

■2020年G1無料予想結果

◎G1戦績21戦13勝
◎的中率62%
◎獲得額:277,890円
◎収支額:169,490円

2021年春G1シリーズ無料予想も好調!
7戦4勝で回収率100%超えです!

◆高松宮記念◎レシステンシア軸で3連複22倍
◆桜花賞◎サトノレイナス軸で3連複26.6倍
◆天皇賞春◎ワールドプレミア軸で3連複20.4倍
◆NHKマイルカップ◎シュネルマイスター軸で3連複35.4倍

無料買い目画像がこちら↓

土曜は京王杯SCを的中。
3連複167.4×400円=66,960円獲得!
回収率1674%!

今週は、ヴィクトリアマイルの無料買い目を公開!

少額で楽しむライトユーザーにもお勧めの無料予想です。

無料買い目はこちらからご確認ください↓↓

ヴィクトリアマイルの無料買い目はコチラ

↑上記フォームより【今すぐ無料情報を受取る】から無料メール登録のみで即買い目確認できます。

山藤賞2020予想オッズ

引用先:ネット競馬

山藤賞2020枠順

馬名 性齢 斤量 騎手 調教師
1 1 チアチアクラシカ 牝3 54.0 武豊 [美]堀井雅
2 2 ブラックマジック 牡3 56.0 Lヒュ [美]戸田博
3 3 ロッソモラーレ 牡3 56.0 横山和 [美]奥平雅
4 4 トランシルヴァニア セ3 56.0 丸山元 [美]田中剛
5 5 コスモギンガ 牝3 54.0 野中悠 [美]高橋祥
6 6 マイネルポインター 牡3 56.0 津村明 [美]田中博
7 7 サペラヴィ 牡3 56.0 Dレー [美]相沢郁
8 8 コスモインペリウム 牡3 56.0 武藤雅 [美]和田雄
8 9 セントオブゴールド 牡3 56.0 Cルメ [美]木村哲

山藤賞2020予想

サペラヴィ

今回はダミアンレーン騎手が騎乗ということもあり、先行しながら折り合いを付け、決めて勝負に欠けていた部分を補う騎乗をしてくれるかなと。

これまで中山芝2000mは[0-0-2-1]と惜しい競馬が続いていますが、3走前葉牡丹賞は1:59.1の4着。ミドルペースを3番手で追走。

切れる脚が無い分、最後まで脚を伸ばせる脚質は、今回のメンバーであればプラスで、葉牡丹賞の内容からしてもここは最上位。

スローペースを好位先団で折り合いに専念しながら、最後までしぶとく伸びる競馬。これを期待したいですね。

◎サペラヴィ
◯マイネルポインター
▲セントオブゴールド

馬連◎=◯▲2点

山藤賞2020過去データ傾向

過去芝1800mで行われたレースの中から特に重要なデータを紹介します。

  1. 上がり3F3位以内が優秀
  2. 前走1着馬か現級3着以内が優秀
  3. 中4週以上が好走。特に中9週以上が狙い目
  4. 単勝1番人気は苦戦も2番3番人気が好走
  5. 前走芝1800mか2000m組が中心
  6. 前走4角4番手以内が好走
  7. 4角4番手以内が好走
  8. 牝馬が苦戦傾向

5千円投資が8~9万円に変わるのでやめられません!

無料予想:京王杯SC・1674%的中!
無料買い目画像↓

京王杯SC3連複167.4倍×500円
[払戻]83,700円[回収率]1674%
相手馬に8,10人気入れて超高回収率の離れ業!!

無料公開買い目・ほか実績
◎谷川岳S回収率148%
◎サンシャインS回収率413%
◎中山GJ回収率193%
◎日経賞回収率163%
◎スプリングS回収率255%
◎壇ノ浦S回収率238%
◎チューリップ賞回収率103%

高回収率はマグレじゃない↓
オーシャンS回収率1865%
無料買い目画像↓

的中率狙いながら時にこんな高配当あり!
5千円投資が8~9万円に変わるのでやめられません!

日曜の無料買い目はコチラ

↑昨年から追いかけてますがココは本当にオススメ!日曜日も無料予想あるので今すぐチェックです◎

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。