中央競馬最終予想

稲妻ステークス2019予想!追い切りや血統・過去データ分析アイビスSDより速い馬とは?

2019年8月24日第7回新潟競馬第9日稲妻ステークス2019芝1,000mの予想を中心に追い切りや血統・過去データ分析などを紹介します。

外枠有利なのは間違いない新潟直線1000m。ただし、内枠からも勝ち馬が出ており「1000m巧者なら枠順は関係ない」というバイアスが成り立つのが稲妻ステークス。

今年は、直線芝1000mでこその牝馬が出走しますので、要チェックですね。

稲妻ステークス2019最終予想

本命◎

サニーダンサー←サラドリームと名前を間違えてました(汗)やってしまった。。。

関東所属牝馬でも、その前走は圧巻の内容でした。タイムは0:54.3。これはアイビスSDのライオンボスより速いタイム。

そのライオンボスと戦った3走前邁進特別は、ライオンボスからコンマ8秒差の2着と完敗。しかし、そこからさらに速いタイムを出して前走を優勝していますから、その成長力とコース慣れは確かかなと。

調教も、南P良(69.0/53.2/39.5/12.4)単走馬なりと、好調をキープ。

枠順も問題なく、素直に期待したい1頭ですね。

対抗◯

レッドラウダ

前走アイビスSDは0:55.7の9着も、ライオンボスからコンマ6秒差。

久しぶりの出走に加え内枠を引いたことで、あのレースなら仕方がない結果かなと。

1000mには実績がありますし、叩き2戦目。

藤田騎手からミルコ・デムーロ騎手への乗り替わり。そして、斤量と力差をカバー出来る8枠に入ったことで、陣営もやる気満々かなと。

当日の馬場状態が重以上になればさらに前進。

次の新潟11レース予想>>>BSN賞2019最終予想!追い切りや血統・過去データ分析「調教から復活の兆しが見えた馬とは?」

前の新潟9レース予想>>>瀬波温泉特別2019予想!追い切りや血統・過去データ分析/完璧に買いの材料が揃った4歳牝馬とは?

レース予想の解説や未勝利戦などの予想もツイッターでつぶやいています♪

新馬戦や未勝利戦で「おっ?」と思った馬をツイッターでつぶやいています。

また、気分やジョニーの競馬予想の理論である展開理論などについても解説していますのでフォローをしていただき、馬券予想にお役立てください!

気分やジョニーのツイッター

[insert page=’anken1′ display=’content’]

稲妻ステークス2019過去データ傾向

過去5年のデータ傾向を分析しています。

  1. 前走1000mか1200mが優秀
  2. 前走着順は不問
  3. 前走1200mは4角2番手以内が優秀
  4. 当日単勝1番人気[2-1-2-0]
  5. 当日単勝2番人気[1-1-1-2]
  6. 当日単勝3番人気[1-2-1-1]
  7. 4歳5歳6歳が中心
  8. 関西馬が優秀
  9. 関西馬、当日4番人気以内は3着内率100%
  10. 牝馬、牡馬互角。セン馬はイマイチ
  11. 斤量57キロは当日単勝3番人気以内まで

当日単勝1番人気の3着内率が100%と高い数字。そして、単勝1番人気の前走着順は2着以内までで、サニーダンサーがこれに該当しそう。

関西馬が強く、当日単勝4番人気以内であれば、3着内率100%。該当しそうなのは、イオラニ、ブラッククローバーあたり。

全体的には、前走着順が不問のため、当日単勝人気をたどって予想をするのがベストかなと思います。

ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。