中央競馬最終予想

長岡ステークス 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!

長岡ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。

昨年の長岡ステークスは、複勝でミュージアムヒルを本命に的中。1着2着が人気薄だったので150円まで跳ねた結果でした。

長岡ステークスのポイントはスローペースの上がり3F勝負になりにくい点。

良馬場なら、その展開は変わらないのがポイントです。昨年も先行馬と差し馬が馬券になっていますので、基本は先行馬を狙いつつ、差し馬までカバーするといった馬券の組み立て方がベストだと思います。

ただし、重馬場以上になると、先行馬の数字が上がってきますので、馬場状態のチェックは必ずおこなったほうが良いですね。

それでは長岡ステークス2019の予想を紹介します。

長岡ステークス2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

長岡ステークス2019コース解説

基本的に差し馬が有利なコース形態ですが長岡Sの過去10年を見ても逃げ、先行馬の活躍もあるコースで、1600mは差し有利といった単純な決着にはなりにくいコースです。

逃げ、先行馬の活躍の理由としては、最初のコーナーまでの距離が長く、折り合いに専念する騎手が多いことからスローペースになりやすく、結果として、前と後ろの上がりが同じになる、もしくは、届きづらい状況になりやすいためだと思います。

今回は少頭数ということもあり、例年以上にスローペースになりやすいと考えています。また、馬場が渋れば、先行馬有利の体勢が一段と強くなる可能性もあります。

長岡ステークス2019過去データ傾向分析

過去5年の結果を参考にしています。

  1. 1番人気[0-2-2-1]連対率40%
  2. 2番人気[0-1-2-2]連対率20%
  3. 3番人気[0-0-0-5]連対率0%
  4. 関西馬[3-4-0-20]連対率26%
  5. 関東馬[2-1-5-33]連対率7%
  6. 6枠7枠8枠が有利
  7. 牝馬が5年連続で1着
  8. 前走距離は不問
  9. 前走5番人気以内が中心も着順は不問
  10. 過去には8ヶ月ぶりに出走で馬券になっているため間隔も不問

枠順に偏りがかなりあり、馬場の傷みが激しいためか、6枠7枠8枠の好走率が高いです。

展開はスローペースになりやすい反面、上がり一辺倒だけで勝てるようなレースではないので注意が必要。

圧倒的に関西馬が有利で、その中でも、関西馬+関東騎手が5年連続で連対中

前走距離は、マルチに飛んでいて不問。

間隔も重要なデータにはならない。

血統はサンデーサイレンス系とミスプロ系が強く、スタミナやパワーのあるキングカメハメハ産駒や、ハーツクライ産駒などの中長距離血統が優秀。

[ad]

長岡ステークス2019予想!

まず先に1週間前の調教で良かったのが、以下の3頭です。

    1. アガラス
    2. アントリューズ
    3. レジーナドーロ

特にアントリューズは連発で12.0前半を出していますので、具合はよさそうで、レジーナドーロも好ラップを連発。予想の中心になりますね。

展開は、スローペースが濃厚かなと。

相手の出方次第で競馬をするような先行~差し馬が揃いましたから、そこまで速くならない見立て。

本命◎

レジーナドーロ

良い枠に入りましたね。

週初めにレジーナドーロが外枠に入れば即軸確定だなって思っていましたのでひと安心です。

前走湘南Sは、差し届かずの2着も上がり3F1位で2着ですから勝ちに等しい内容でした。

前走のような追い込み脚質ではなく、差し脚質。

放牧明け初戦の調教はビシバシと追っていますので、追走も前走よりは楽になるはず。

上がりに拘る必要の無いレースですが、外差しを決めれるのはレジーナドーロかなと思っています。

対抗◯

アガラス

脚質的に逃げても差しでも行ける脚質は買いやすいかなと。

東スポ杯2歳Sで2着があるように実績は申し分なく、NZTでは1番人気に支持されたほどですから1600mは問題なく走ってこれると思っています。

メンバーの脚質が差し傾向の強い脚質ですから、枠順的にアガラスが前に行けば、3着以内は堅いと思っていますし、差しになったとしても、そんなに後ろからの競馬にはならないと思いますので、ここでは期待したい1頭です。

単穴▲

アントリューズ

個人的に騎手との相性が最悪で、先週の新潟2歳Sもそれが5割で見送りにしたほど相性が悪いですw(結果最下位)

今回は調教が抜群によく、これまで戦ってきた相手を考えば、単穴扱いが妥当かなと。

前走江ノ島特別は、稍重の中、スローペースをしっかりと上がってきて最速で優勝。

稍重で上がり33,2は、力のある証拠ですね。

穴★

ミュージアムヒル

前走から一息入れて中11週での出走。

血統背景は申し分なく、新潟1600mも[1-0-1-0]と相性は良いほうかなと。

昨年の長岡ステークスは単勝1番人気に支持されましたが3着。

予想の段階から懸念をしていた詰めの甘さが出たようなレースでした。

今回は立て直しの1戦ですが、中間の状態も良く、外枠を引いたことで、外差しが決まるような展開になるかなと。

近走はイマイチも、新潟1600mで巻き返せる力はまだあると思っています。

おすすめの買い方は、◎◯★の単勝3点です。

糸魚川特別2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!糸魚川特別ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 ...
北九州短距離ステークス2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから見て狙うべきあの馬とは?北九州短距離ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 ...
長岡ステークス 2019予想オッズと過去データ傾向・追い切りから狙うべき馬を紹介!長岡ステークス2019の予想を中心に予想オッズや過去データ、コースバイアスや追い切りなどから狙うべき馬を紹介していきます。 昨年の...
札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データ/最強のラップを刻んだあの馬が主役2019年8月31日札幌2歳ステークス2019予想!最終追い切りや過去データから評価の高い馬を中心に展開やコースバイアスなども含めた最終...
[insert page=’anken1′ display=’content’]
ABOUT ME
足立祐二
中央競馬・地方競馬ともに単勝、複勝を中心に予想。過去データ傾向や近走内容、脚質の並びから展開を予測し、そのレースで最も高いパフォーマンスを発揮出来そうな馬を本命にしている「展開理論」を得意としています。