阪神ジュベナイルフィリーズ 2019出走予定馬や予想オッズ/意外に荒れる予感

阪神ジュベナイルフィリーズ2019の出走馬は予想オッズ・注目馬考察や穴馬考察を紹介します。(12月8日日曜日阪神競馬場/第71回農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ/2歳オープン牝馬/芝1600m)

今年はタレントが豊富で、新潟2歳S優勝ウーマンズハートにアルテミスS優勝リアアメリア。

サフラン賞1着マルターズディオサにサウジRC2着クラヴァシュドール、ファンタジーS優勝レシステンシアなどが登録をしています。

特に注目したいのが全勝馬が4頭に2勝馬が8頭、重賞勝ち馬が3頭という点。

このあたりから考えてもレースレベルが高くなるのは必然でその中でも阪神ジュベナイルフィリーズのレースコースに合う馬を選ぶのが的中の第一歩かなと考えています。

また、これだけタレントが多いと1強や2強では決まらない可能性もありますね。

この記事では、特に注目している4頭の考察と穴馬1頭の評価を紹介します。

阪神ジュベナイルフィリーズ2019出走予定馬や騎手

  1. ウーマンズハート/Wビュイック
  2. エレナアヴァンティ/岩田康誠
  3. オータムレッド/松山弘平
  4. カワキタアジアン/鮫島
  5. クラヴァシュドール/藤岡佑介
  6. クリスティ/福永祐一
  7. ジェラペッシュ/幸英明
  8. スウィートメリナ/和田竜二
  9. ヒメサマ/川須
  10. ボンボヤージ/岩田望
  11. マルターズディオサ/田辺裕信
  12. ヤマカツマーメイド/武豊
  13. リアアメリア/川田将雅
  14. ルーチェデラヴィタ/池添謙一
  15. レシステンシア/北村友一
  16. ロータスランド/藤岡康太

阪神ジュベナイルフィリーズ2019過去データ傾向分析

阪神ジュベナイルフィリーズ2019過去データ傾向/リアアメリア1強に3頭が競り合う形
阪神ジュベナイルフィリーズ2019の過去10年のデータ傾向分析やデータ注目馬を紹介します。(12月8日日曜日阪神競馬場/第71回農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ/2歳オープン牝馬/芝1600m)近5年は、単勝1番人気が3勝2番人気が1勝2着3回と上位人気組が優勢。

阪神ジュベナイルフィリーズ2019消去法データ推奨馬

阪神ジュベナイルフィリーズ2019消去法データ推奨馬/ノーザンF生産馬2頭が中心
阪神ジュベナイルフィリーズ2019の消去法データ推奨馬や予想を紹介します(12月8日日曜日阪神競馬場/第71回農林水産省賞典阪神ジュベナイルフィリーズGⅠ/2歳オープン牝馬/芝1600m)堅い決着濃厚も勝ち負けは最後までわからない2頭が中心

中日新聞杯2019出走予定馬や予想オッズ

中日新聞杯2019出走予定や予想オッズ/混戦を断ち切るのはやはり前走重賞組
中日新聞杯2019の出走予定馬や想定騎手・予想オッズや注目馬考察を紹介します。(2019年12月7日中京競馬場/第55回中日新聞杯3歳上オープンハンデG3/芝2000m左回り)2017年から開催月がそれまでの3月から12月に変更となり結果的に単勝1番人気が順当に連対するなどこれまでの中日新聞杯の流れが変わってきたかなと。

有馬記念2019出走予定馬や有馬記念引退馬まとめ

有馬記念2019出走予定馬や予想オッズ/牡馬の出番が無い可能性があるグランプリ
有馬記念2019の出走予定馬や騎手・予想オッズや注目馬考察・有馬記念ファン投票の最終結果を紹介します。(2019年12月22日中山競馬/有馬記念第64回グランプリ/芝2500m/3歳上オープンG1)牝馬が躍動・リスグラシューだけでない牝馬の層
有馬記念引退馬2019まとめ/リスグラシュー・レイデオロ・シュヴァルグランなど
有馬記念2019で引退を表明している馬たちを紹介します。(2019年12月22日中山競馬/有馬記念第64回グランプリ/芝2500m/3歳上オープンG1)現時点で有馬記念を最後に引退を表明しているのは、リスグラシュー、レイデオロ、シュヴァルグラン、アエロリットの4頭。

阪神ジュベナイルフィリーズ2019予想オッズ

引用先:ネット競馬

阪神ジュベナイルフィリーズ2019注目馬考察

リアアメリア牝2

生年月日 2017年02月21日 (牝2歳)
毛色 黒鹿毛
調教師 中内田 充正(栗東)
馬主  有限会社 シルクレーシング
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 3632万2000円
通算成績 2戦2勝[2-0-0-0]
主な勝鞍 19’アルテミスステークス
ディープインパクト
リアアントニア
兄弟馬 リアオリヴィア
系統 サンデーサイレンス系

前走アルテミスSは、そこまで重い印を打たつずに違う馬を狙いましたが、半信半疑が確信に変わったようなレースでしたね。

2歳で馬なりで直線を抜け出し最後はしっかりと前をとらえる競馬が出来たのは少しレベルというか素質が違うんだろうなと。

↓アルテミスS1着・ピンクの帽子9番リアアメリア

1:05秒あたりから見ていただくとよくわかりますが、けっこうなズブさから追走して4角から馬なりでスーッと上がって行き、最後の直線では馬なりで前との差を詰め、ムチ3発のみで前を楽勝でとらえています。

阪神1600m外回りは先行馬有利ですが阪神ジュベナイルフィリーズに限っては差し馬が優勢。外回りですからリアアメリアにして見れば、十分に差せるコース。

現時点では勝ち負け候補です。

ウーマンズハート牝2

生年月日 2017年02月08日 (牝2歳)
毛色 鹿毛
調教師 西浦 勝一(栗東)
馬主  ゴドルフィン
生産者/産地 ダーレー・ジャパン・ファーム有限会社/日高町
中央獲得賞金 3856万7000円
通算成績 2戦2勝[2-0-0-0]
主な勝鞍 19’新潟2歳ステークス
ハーツクライ
レディオブパーシャ
兄弟馬 デザートストーム
系統 サンデーサイレンス系

↓新潟2歳S1着・赤い帽子6番ウーマンズハート


前走新潟2歳Sは、上がり3F最速32.8と切れ味抜群で差す競馬。

新馬戦も上がり3F最速32.0で優勝。

スローペースのよーいどんになれば、必ずと言っていいほど上がり最速を出せる脚は、阪神1600mでも十分に通用するとは思いますが後方待機策の場合は、意外と枠順で左右される場合がありますからポイントはそのあたりですね。

新潟2歳Sの優勝タイムが1:35:0は平凡ですが、目標にする逃げ先行馬の力関係ではタイムは縮まると思います。

阪神ジュベナイルフィリーズはミドルペースまでを想定。先行勢で予想上位人気馬は、レシステンシアとクラヴァシュドール。

この2頭の抜け出し方でウーマンズハートの切れ味の良さが決まると思います。

レシステンシア牝2

生年月日 2017年03月15日 (牝2歳)
毛色 鹿毛
調教師 松下 武士(栗東)
馬主  有限会社 キャロットファーム
生産者/産地 ノーザンファーム/安平町
中央獲得賞金 3654万6000円
通算成績 2戦2勝[2-0-0-0]
主な勝鞍 19’KBSファンタジーS
ダイワメジャー
マラコスタムブラダ
兄弟馬 ミッキーブラック
系統 サンデーサイレンス系

↓ファンタジーS1着・青い帽子6番レシステンシア


上位2頭の猛追を止めることが出来るのは、その2頭より前にいるレシステンシアかクラヴァシュドールといったところでしょうか。

前走ファンタジーSは単勝6番人気で1着。終始2番手を追走してから最後は抜け出す競馬。

ダイワメジャー産駒らしいスピードと持久力で二の脚を使えるタイプ。

ハイペースを先行して上がり3F3位は、上位2頭とは違った強さ。これと同じ走りを上位2頭が出来るか?と考えれば、それは難しいかなと。

タイム1:20:7も好時計。本気で走っていたとしてもこの時計はかなり優秀。

それほどファンタジーSでのレシステンシアの走りは圧巻でした。

今回はミドルペース以内を想定していますのでスローペースになった場合、折り合い欠くことなくスムーズに先行出来るのか?

また、ひと昔前であれば、阪神ジュベナイルFのステップレースはファンタジーSですが近年はアルテミスS組みが優勢のデータ。このあたりがポイントになると思います。

クラヴァシュドール牝2

生年月日 2017年02月01日 (牝2歳)
毛色 青鹿毛
調教師 中内田 充正(栗東)
馬主  株式会社 山紫水明
生産者/産地 下河辺牧場/日高町
中央獲得賞金 2009万0000円
通算成績 2戦1勝[1-1-0-0]
主な勝鞍 19’サラ2歳新馬
ハーツクライ
パスオブドリームズ
兄弟馬 ショウナンダズル
系統 サンデーサイレンス系

↓サウジアラビアRC2着・緑の帽子6番クラヴァシュドール


前走サウジアラビアRCは、良血馬サリオスの2着。

タイム1:32:9は、サリオスの出したレコードタイムからコンマ2秒差。

リアアメリアのアルテミスSより1秒4も速い時計ですから、なんだかワクワクしてきますね(笑)

賞金面もアルテミスSよりもサウジアラビアRCが高いですからこのあたりも個人的には無視出来ない要素かなと。

サウジアラビアRCは、サリオスをマークする形で5番手を追走。

4角から徐々に上がって行き、最後の直線ではサリオスとの叩き合い。

一瞬は並びかけるもサリオスの脚に屈する形での2着。

道中は折り合いがしっかりとつきスムーズに競馬をしていましからそのあたりの心配がなく、さらに少頭数でのレースだったにも関わらず、レコードタイムからコンマ2秒差を出した点。

少頭数ならメンバーなりのレースになりがちですがサリオスがいたことでクラヴァシュドールの能力が全開になったかなと。

リアアメリアやウーマンズハートより前で競馬が出来る点や上がり最速を出せる点。

個人的にはクラヴァシュドールに重たい印を打ちたいですね。

阪神ジュベナイルフィリーズ2019穴馬考察

クリスティ牝2

生年月日 2017年04月07日 (牝2歳)
毛色 芦毛
調教師 杉山 晴紀(栗東)
馬主  薪浦 英稔
生産者/産地 荻伏三好フアーム/浦河町
中央獲得賞金 1465万0000円
通算成績 3戦1勝[1-2-0-0]
主な勝鞍 19’サラ2歳未勝利
キズナ
ホワイトアルバム
兄弟馬 ヒッチコック
系統 サンデーサイレンス系

↓アイビーS2着・黒い帽子2番クリスティ


前走アイビーSが2着と1800mで結果を出したクリスティ。

重馬場でも上がり3F33.9を出した末脚は本物で牡馬相手に互角以上の戦いをした内容は特記もの。

血統背景が父キズナということもありマイルが少し忙しい流れになりそうで、距離不安は否めないですが秋華賞馬クロノジェネシスがアイビーSで出したタイムと同タイムな上、クリスティは重馬場でしたから、力は十分にあるかなと。

たぶん、来年の夏以降にその血筋が開花することになると思いますが先行出来る点や前走内容から見ても私には、リアアメリアやウーマンズハートと何ら遜色ない馬に見えて仕方がないですね。

タイトルとURLをコピーしました