各馬予想

各馬予想

ローズステークス 2019の過去データ傾向分析や阪神1800m芝コース解析を紹介

ローズステークス2019の過去データ傾向を分析したものを紹介していきます。また、ローズステークス2019のコース解説も紹介していきます。(2019年9月15日阪神競馬ローズステークス2019芝1800m)秋華賞のトライアルレースローズステークス。3着までに優先出走権が与えられるため、前走未勝利戦、前走平場500万下勝ちからトライして3着以内を勝ち取る、そういった過去もあるほど、ひと筋縄ではいかないのがこのローズステークス。
各馬予想

セントウルステークス2019予想!アンヴァルの追い切りや血統・過去データ

2019年9月9(日)セントウルステークス2019予想芝1,200mに出走予定のアンヴァルの予想を中心に追い切りや血統、アンヴァルの過去データ、セントウルステークス2019の過去10年のデータ傾向分析を紹介します。前走の北九州記念では本命にしたアンヴァル。血統背景が抜群で、いかにも小倉向き。さらには展開が合うとなれば、軸に持って来いでしたが、今回は阪神1200m戦。
各馬予想

セントウルステークス2019ダイメイプリンセスの結果予想!追い切りや血統・過去データ

2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のダイメイプリンセスの予想を中心に追い切りや血統、ダイメイプリンセスの過去データ、セントウルステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。北九州記念2019を優勝して、現在のサマースプリントシリーズのポイントが11点と2位。
各馬予想

セントウルステークス2019ファンタジストの結果予想!追い切りや血統・過去データ

2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のファンタジストの予想を中心に追い切りや血統、ファンタジストの過去データ、セントウルステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。スプリングC2着から凡走を繰り返しているファンタジスト。
各馬予想

セントウルステークス2019ミスターメロディの結果予想!追い切りや血統・過去データ

2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のミスターメロディの予想を中心に追い切りや血統、ミスターメロディの過去データ、セントウルステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。高松宮記念優勝から放牧に入り、秋の大一番であるスプリンターズステークスに向けて、セントウルステークスから始動をするミスターメロディ。
各馬予想

セントウルステークス2019タワーオブロンドンの結果予想!追い切りや血統・過去データ

2019年9月9(日)阪神競馬4回2日目セントウルステークス2019芝1,200mに出走予定のタワーオブロンドンの予想を中心に追い切りや血統、タワーオブロンドンの過去データ、セントウルステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。
各馬予想

札幌2歳ステークス2019ダーリントンホールの結果予想!追い切りや血統・過去データ

2019年8月31(日) 2回札幌5日目札幌2歳ステークス2019芝1,800mに出走予定のダーリントンホールの予想を中心に血統や、ダーリントンホールの過去データ、札幌2歳ステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。血統背景だけを見えると、ゴルコンダを打ち負かしても良いくらいに見えるダーリントンホール。
各馬予想

札幌2歳ステークス2019結果予想!ゴルコンダの追い切りや血統・過去データ

2019年8月31(日) 2回札幌5日目札幌2歳ステークス2019芝1,800mに出走予定のゴルコンダの予想を中心に血統や、ゴルコンダの過去データ、札幌2歳ステークスの過去10年のデータ傾向分析を紹介します。前走未勝利戦をレコードで優勝したゴルコンダは強いのか?
各馬予想

新潟記念2019クリンチャーの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?

2019年9月1(日)新潟競馬 2回12日目新潟記念2019芝2,000mに出走予定のクリンチャーの予想を中心に追い切りや血統、クリンチャーの過去データ、新潟記念の過去10年のデータ傾向分析、予想オッズを紹介します。菊花賞2着、京都記念1着。阪神大賞典3着、天皇賞春3着と実績では1枚も2枚も上ですが、凱旋門賞に出走してから、歯車が狂ったように走ってこないクリンチャー。
各馬予想

新潟記念2019センテリュオの結果予想!追い切りや血統・過去データからの評価は?

2019年9月1(日)新潟競馬 2回12日目新潟記念2019芝2,000mに出走予定のセンテリュオの予想を中心に追い切りや血統、センテリュオの過去データ、新潟記念の過去10年のデータ傾向分析、予想オッズを紹介します。新潟記念の過去10年は、牝馬の3着以内が無し。それほど、スタミナもパワーもスピードもいるタフなコース。
タイトルとURLをコピーしました